カテゴリ

カテゴリ:ごあいさつ

12月10日をもちましてCLOSEいたします

カテゴリ:
ご無沙汰しております

全く更新していない間も見に来てくださる方がいらっしゃって、
本当にありがたいです。

さて、タイトルの通りになりますが、
注文の多いキモノ店は今月10日をもちまして
クローズすることにいたしました

メッセージはサイトにも載せましたので
ご覧いただければ幸いです

http://kimonoten.com


ブログにもせっかくなのでもう少し砕けて書いておこうかな。

キモノはいまでも私にとって最大の娯楽です

着ると決まれば何日も前からコーディネートを考えたり
半襟を縫い付けたり綻びはないかチェックしたり
素敵な合わせ方ができるとうれしくて、
綺麗に着つけられると気分も上がりまくりで
所作や空気感や時空まで変わる最高のファッション

難しくて奥が深くて
着る側に常に努力や緊張や勉強の試練を与え続ける
こんな面白いファッションは他にはないと今でも思います

もっと気楽に楽しめばいいのかもしれないのですが
私はどうしても「普段着」ではない
お出かけ着であり、美麗な戦闘服のような「キモノ」が好きなんですよね…

そういう「自分を奮い立たせながら着るキモノ」というのは
こちらも貪欲に楽しむ姿勢で向かっていくことが求められるし
行きたいと思ったところにすぐに行ける状態であることや
気力も体力も、充実していてこそ楽しめるものなのだと
ヨレヨレの日々で思い知ることとなりました…

本当に無茶しながら、いろいろ失敗しながらも
楽しく着始めたのが28歳ごろで、ギリギリ若かったので
ブーツやハットを合わせてみたり面白い格好も楽しみました。

時間を見つけては着て、着付けの練習をして、遊んで、
そういう時間を楽しんだことで「特別気合を入れた非日常のおしゃれ」を
堪能できたことは本当によかったなぁと思っています。


そして40代になったいま、こどもたちの七五三に合わせて
久々に着た訪問着が、若い時よりきれいに着られたし、
我ながら似合ってたんですよ(笑)!
サイズを自分に合わせて直してあったのできちんと感もアップして、
鏡の中には「素敵な奥さま」が!

こどもたちの衣装も本当に可愛かった。
161105kajiro-31
手前が5歳の息子で真ん中が3歳娘。奥で千歳飴持ってるいるのが私です

ああやっぱりキモノっていいですよね。
ひさしぶりに非日常を楽しませてもらいました。
これからもキモノを長い目で楽しみたいと思います。


で、これからはアパレル畑へと帰ります。
前職の会社に販売促進部で復帰する運びとなり、
ドキドキの通勤生活が始まります


洋服の良いところはおしゃれへの意気込みもハードルも
キモノほど高いものではないし、
ふだんの「日常」の中で「ハレ」の気分を
毎日でも楽しめるところですよね

洋服も キモノも
ファッションは日常も非日常も楽しませてくれるもの
私の人生にも欠かせないもの

あらためてそう思うに至りました


12年間 本当に ありがとうございました

とってもとっても楽しかったです
たくさんの方々に支えていただき
そしてたくさんの方にご愛顧いただき
感謝の気持ちでいっぱいです


その感謝を込めて12月5日(月)の20時から
サンプルセールを開催します。
SALESALESALE


http://kimonoten.shop-pro.jp

販売予定の商品を載せていますので
よかったらぜひ見に来てくださいね!



みなさまのキモノライフが

これからも

より楽しく 素敵なものとなりますように!



注文の多いキモノ店 店主 円(madoka)

カテゴリ:
すっかり日中セミも鳴かなくなり、
夜に小さな虫の音が聞こえてくるようになりました。
9月になるとちゃんと秋が訪れるんですね…。

さて、ポワソンドールとして活動した最後の夏が終わりました。
無事、仕立て上がった浴衣を皆様の元にお届けできて、本当にホッとしてます。

そして、確かブランド始めた頃にどっかに書いた記憶があるわ…
と思いながら探したら、見つけました!
ポワソンドール発足時に書いてたのお知らせ用のブログ。懐かしい。
http://poisson-dor.jugem.jp
すごく熱いし、楽んで書いてる!いま読んでも楽しい。

探してた記事は、発足2年目、2009年に書いてました。

ポワソンドールの活動は本当に楽しいので、できる限り続けていこうと思いますが、
「じゃあ一生やっているのか?!」と言われたら
「一生は…やってないと思うよ…」と思ってしまう正直者。
だからこそ、100年ぐらいたった時に

ポワソンドールの浴衣は平成時代の2008年から20XX年までのあいだにだけ作られていた注染による本格浴衣。生産数が少量だったため、反物の状態で出てくることは非常に稀。明治期に確立された注染という染色技法で、当時の現代的なデザインを染めあげ、とくに着物好きの女性の間で好まれた」


とかナントカ、誰かに鑑定していただきたいものです。ワハハ!なにこの妄想。
好まれたいものですわ…着物好きの女性に。
とにかく後悔しないように、できる限りいろいろ全力投球で頑張ります!


なんというか、予言じゃないんですけど
そのとおりになれたかな、って思ってます。
後悔してることは何もないです。
本当に始めて良かった。
本当に楽しかった!

ポワソンドールは、小さなブランドながら
「大人可愛い」と「注染」と「浴衣でファッション」を融合させて、
着物を着ない人にも魅力を感じてもらえるくらい、表現できたと思います。
そういう提案ができたことが、とても誇らしいです。

そしてこれからも、
みなさんの夏を彩るのだと思うととても嬉しいです。

そしてこれからも、
夏が来るたびにどこかでポワの浴衣を着た方と
偶然すれ違うことを夢見ています!

本当にありがとうございました


最後にポワソンドールのサイト、
全柄のイラストのスライドショーがかわいいから見てみてくださいね

http://poisson-dor.net

このページのトップヘ

見出し画像
×