カテゴリ

カテゴリ:コドモ

カテゴリ:
久しぶりに更新します!
全然更新できてなくてすみません。

先日夜中に録画したコウノドリを観て
「本物…!ドラマではなかなかでてこない本物の新生児だ…!」と号泣していました。

ドラマに「はい生まれましたよ〜」ってでてくる赤ちゃんって福々しくて
「ハイ明らかに1ヶ月健診後!でもそうだよね…生まれたては使えないよね…」というような
気持ちになったりして感動し損ねたりすることがあったので、
びっくりして余計泣けました。

本物の新生児をドラマに使うってことは、
感染症予防のためにもいろいろ制限があるだろうし
あのスタジオ全部が多分暑すぎるくらいの温度に設定していあるだろうし、
医療関係者や新生児の生みたての母親や、
いろいろな人に協力してもらわないといけないわけで、
とにかくドラマの本気度に感激しました。漫画もいいけど、
ものすごい啓蒙ドラマになるだろうなと思います。

久々にこどもたちが生まれた時の写真を眺めて、
いろいろ思い出したところで、ふとブログ書こうかな…と思いまして。

私がいま何をやっているかというと、牛歩で仕事を進めつつ
シンプルに、お母さん業に割く時間が増えました。
頭の中に堂々とこどものことを置く時間が増えた感じです。

産後2年ぐらいは、想像以上にライフスタイルが激変してしまって、
自分のキャパシティの低さと、家事全般の下手さと、
こどもを見ながら何かをやるということがどうしてもできない不器用さに
自分自身びっくりしながら生きていたんですよね。
こどものことにしか目も手も心も行かないし、
こどもの可愛さと、その健康状態(肌の状態、便の状態から尿の回数まで)に
自分の心も乱されまくりで、本当どうやっていたのかあまり思い出せない。。

そうこうするうち生活の中で、
苦手なことにかかる部分を少しずつそぎ落としはじめて、
大好きだった仕事も無理がない量にしたり、
産前私を楽しませてくれていたものも、恐る恐るだけれど
少しずつ、色々なものを精神的にも物理的にも手放してみたら、
良い意味でだんだん余裕がでてきたんですよね。

うお〜こんなんじゃダメだ〜って焦ることが減って、
ちょっとずつ、もう産前とは違うんだということを自覚していったのかもしれません。
うん遅い。遅いけど、気づけたからよし。

「少しずつでも産前の自分を取り戻す」
「少しずつでも産前やっていたことをやれるように」
と無意識で考えてたのが、
「産前に戻れるわけがないし、戻ろうとしなくていい」と素直に思えたんです。

飲み歩いたり、奮発して大人なお店に行ったり、海外行ったり、好きなだけ仕事したり、人に会ったり、遊んだり、スポーツしたり、美容したり、キャンプしたり、クライミングしたり…という日々が、2005年からのこのブログにもたくさん綴られています。

もちろんその頃やってたことは全部すごく楽しくって、
ずっと続けていられる状況なら、今も楽しんでいたことばかりだとは思いますが、
出産してなくても違う理由でやめてたかもしれないし、
継続してないからといって、それまでやってたことがなくなるわけじゃない。
あの頃の私の続きが、今の私であることには変わりはないし、
継続していなくても、蓄積したものは確かにあると思います。


いまは何をやっていても【お母さん】と兼業している感覚です。
家にいたら、こどもたちが微笑ましく遊んでたとしても
1秒後には喧嘩が始まったり、すっころんで鼻血出してたりするので、
常にアンテナを張っているから、寝かしつけるまではどこか緊張しているし、
実際一緒に寝落ちすることもほとんどです。

仕事以外で子供と離れられる時間ができたらそのときは、
子供のための情報(どうしたら野菜を食べるか、気になる病気、習い事、子供服、絵本やおもちゃ、誕生日やその他のプレゼントの下調べ…その他諸々)をネットでチェックしたり、
おむつやおしりふきや消耗品を注文したり、
週明けの園の準備や行事に持って行くモノのチェック(それでも忘れ物します)
家での準備が万端だとしても、お迎え行って帰宅後に
保育園から「おカバン持ち帰ってません」と電話が来たことは
この1年半の間に3回(先週金曜日に3回目のお電話が…)。

あからさまに老けてきた自分の美容や健康にも力を入れたいところなんですけどね。
ちょうど肌寒くなって踵がガサつきはじめるころですが、
昔のようにピーリングジェルでマッサージして良い香りのオイルを擦り込んで…とか
そういうのね、無理だしね!今それをやりたいかというと
「そういうんじゃないんだ!手っ取り早くこれを解決したいんだ!」と
ダサいパッケージの「なめらかかと」をグリグリ塗る日々です。
(小林製薬らしい素晴らしすぎるネーミング。オイル塗るより効きます!)

上の男児が4歳を超えたあたりから、
クレヨンしんちゃんの世界がまんま家で繰り広げられ、
ただ会話してるだけでも「ギャハハ!」と(私が)爆笑する場面が増えていきました。
私は虫が超苦手なのですが、
息子は素手でセミをパシーンと捕まえて手のひらの中でブブブッブブ!!と暴れてても「ワハハ!!」と笑っている猛者。彼を楽しませるために今年はザリガニ釣りや昆虫博にもでかけました。
絵ばっかり描いて遊んでた私の知らない世界を色々見せてくれる人として、
とても尊敬しています。

そして下の子の女児力・妹力よ!
2歳にしてパパもお兄ちゃんも懐柔しまくり。上手い。色々上手い!
私は祖母と母と私と妹というアマゾネス家庭で育った上に、甘えられない長女気質で
色々女子をこじらせまくっていたので、ものすごく新鮮で憧れる!
どうぞまっすぐ女子街道を突き進んでください!
そして多少こじらせたとしても、それはそれで楽しいときもあるから無問題だよ!

こどもたちが生まれて、
なぜか自分以外のものにぐるぐる振り回されているような不自由を感じていた頃は、
「できてたこともやりたいことも、なんにもできなくなってしまったなぁ」
と思ったりしたけれど、そんなことはなくて、
こどもたちがいるからこそ頑張って新しく出来るようになったことや、
知らなかったことを知れたり、違う視点で考えたりするようになってたんですよね。

そもそも「子育て」という壮大な新しいことが始まってたんでした。

世の中の、特に2歳以下の「とにかくお世話が必要な儚い生き物状態」の
お子さんがいるお母さんたち、すごく大変だと思います。
頑張ってくださいね。勝手に応援しています。

私も頑張ります!


実は不器用で真面目だったという話

カテゴリ:
5月の半ばから、仕事復帰。社会復帰しました。
赤子とべったりの甘い監獄からシャバへ。
こんにちは!お久しぶりです!

本当に「あっ」という間に第二子出産から1年以上経ってしまいました。
せっかくのブログなので自分記録として書いとこうかな…
面白い内容にはならないかもですが。

昨秋以降の約半年間は、育児休暇を頂きながら引越に伴う作業、作業。
『家屋』『家事』『家族』という、とにかく『家』というものと
ひたすら向かい合っていた日々でした。

思えば30代半ばまで好きなことばかりやって生きてきて、
大雑把でいい加減ながらもストレスフリーな生活を送ってきました。

が!子供が産まれてからは、
「とんでもなく不器用でくそ真面目で融通のきかない出来なさすぎる自分」
という自分でもびっくりな自分が出現して、
そんな自分にもこどもにも「わああああ!ひいいいい!」と
ワタワタしながら約3年過ごしてきた気がします。

子供の世話はさておき、
「これまでのように好き勝手な時間まで仕事したり、海外に行ったり、
好きなイベントに出かけたり、飲みに行ったりはできないし、
本を読んだりスポーツしたりダラダラとした自分のための時間は取れない」等々は
予測もついており、まぁ覚悟の上だったわけですが、
家の中にいる時間が激的に増えたことで、
自動的に苦手分野として薄眼で見ないことにしていた
『家事(文字通り家のこと…料理や片づけ)』とも
相当がっつり向かい合わねばならなくなったのは意外な盲点でした。

はじめての育児とはじめての本気の家事の両立は、うまく出来てるとは到底思えず、
「なんというできなさすぎる自分よ…!すまぬ…子…夫…」
…と自分にがっかりしていたのは初めの1年くらいでしょうか。
別に家事を強制されてるわけでもないし、夫婦で分担できるところはしていても
家にいる時間が長い側がやることは増えるし、いろいろ目につくということですね。
まぁできるわけないですわ!
どちらも誰かに手とり足とり教えてもらえるものでもないですし。
いきなり子育ても家事も華麗に同時にこなせる人がいたら凄い。
それ、ある意味才能です。
私にはその才能はなかったので、ホントにゼロから『勉強』でした。

はじめは苦手な家事全般を
「あー苦行」みたいに思いながらやっていたのですが、
途中から「出来なさすぎる→ちょっとだけ出来る→だいぶ出来る」への
ステップアップ(あくまで自分比)が面白くなり、
いまやお掃除ブログや片づけの本を見るのが趣味になりつつあります(笑)

料理は相変わらず。それほど好きでもうまくもないなりにも
一応3食食べられてるからまぁいいか、という感じ。
「食材見ただけで頭の中にメニューが浮かぶ」とか
「頭の中で調味料の足し算をしておいしい味を再現できる」とか
そういう才能を有してる人が大層うらやましいなぁ!
コレもね、私に皆無ですのでね!

それでも家事の中では「料理」って一番アウトソースしやすいので、
惣菜・冷食・取り寄せ・半調理品・外食・レトルト・デリバリー、義母の手料理などなどに
都度助けてもらいながら、やる気になった時は
ネットや本を見ながらなんだか凝ったこともしてみる、みたいな感じです。
突然ですが、切るだけで味付けも一切いらないのにみんなが喜ぶ豪華なおかず、
そう。「刺身」って天才ね。

えーとなんでしたっけ。そうそう、いまは
「生涯勉強だな…」とか、
「勝手に苦手意識を持ってただけで、やれば面白いことっていっぱいあるんだな」とか、
「ミニマムな世界で楽しめることも山ほどあるな〜」とか、
とても前向きに『生活すること自体』を楽しめています。
『丁寧に暮らす』的なものとは激しくあさってな方向へ進んでいますが
家(=家屋・家事・家族)に従事していることがとても楽しいです。

まともにテレビを見てないので、
世の中の情報に激しく疎くなっており、
サムラゴーチさん?オボカタさん?レリゴー?などなど何のことやらさっぱりわからず
世間の会話にまったくついていけません(笑)
私がまたサンジャポを楽しめる日はいつになるのでしょうか…(遠い目)

でも私がどれだけアタフタしながら過ごしていようが、
こどもたちはキッチリこども時間で3年分と1年分なんだか健康に成長しているし、
「私が家事を出来ていようと出来なかろうと、そこはまだ子供にバレることはない!」
という妙な開き直り?悟り?もあったりなかったり。

まぁ心身ともに「お母ちゃん」になってきたっぽいです。
元気いっぱいピアスの穴もふさがりかけてます!
元気いっぱい素爪です!髪の毛パッサぱさ!

そんな私の不器用さゆえ、
『美容に仕事に子育て全部全力投球!キラキラ☆スーパーマザー』には
到底なれやしないので素敵なブログにはならないかと思いますが、
どれもが辛くならないぐらいのバランスでできたらな…と思っています。
まぁそれが一番むずかしいっつー話だ(笑)

ゆるゆるとしたペースでの更新、製作になるとおもいますが、
今後ともなにとぞなにとぞよろしくお願いします。

20130503_90202
退院直後の頃。1年早すぎる…ヨレヨレ

退院しました

カテゴリ:
758915799

私事ですが…

先日無事第二子(女児)を出産し、先週退院してまいりました。
母子ともに健康です。

イヤイヤ期真っ盛りの魔の2歳児&新生児という生活が始まっておりますが、
生活が一変してしまってガチガチに緊張していた前回とは違って、
いい感じにチカラの抜けた育児をスタートできている感じがします。
私自身の体の回復も3倍ぐらいのスピードに感じます!
(まだまだこれからの方が大変なのでしょうけども…)

これからゆるゆると仕事を再開していく予定ですが、
いましばらく注文の多いキモノ店のオンラインショップはお休みさせていただきます。
再開の際はまたご連絡させていただきますね。
受注生産品は今週末から順次発送予定です!

しばらくご迷惑をおかけいたしますが、
どうぞよろしくお願いします!

取り急ぎ、ご報告でした!

平日午前中の日舞レッスン!

カテゴリ:
img20121222222711

2年半ほど前になりますが、
気軽に日舞レッスンを受けられるよー!という記事を書きましたね!
2回ほど通って「ヤダ〜突発で始めてみたら日舞たのしいじゃん…!」となったところで妊婦になり、
ツワリやらなんやら始まってしまい、気づけば腹も出てて踊るどころではなく、
そのまま出産育児でフェードアウトしてしまっていたのですが、
「できることならのんびり続けたかったな…あ〜あ〜あ〜」と思い続けておりました。

そ し た ら ば !!

花柳美樹亜先生がママのために
平日午前中の日舞レッスンを自由が丘で開講してくださいましたよー!!
今週金曜日に体験レッスンあるようです。
ママだけでなく平日休みの方もオススメ!

http://t-kinokai.petit.cc//grape3/

自由が丘で、カジュアルに日舞体験!
あわただしい家事や育児の合間のじぶんだけの時間。
ランチの前のひとときに、和のレッスンを楽しんでみませんか?
開催日時:2013年1月25日(金) 10:00〜11:30
会場:スタジオ ワイ 自由が丘 http://jostudioy.jp/
体験費:2,000円 (浴衣レンタル代は、別途500円頂戴いたします)
レッスンの予約は上記サイトから!


2年半前に記事を書いたときに一緒にレッスン始めた方々も
楽しく続けているみたいで、とてもうらやましかったのです。
私も2人目が出てきて落ち着いたら、また始めようと思ってます!
鏡のあるスタジオで、自由が丘というのもうれしいですね。
レッスン終わりにはランチでもしてブラブラ散策して…(妄想中)

1回行くだけでも着物の所作や姿勢など勉強になることがいっぱいありますよ〜
土曜日クラスもありますので、お仕事されてる方はこちらもぜひ☆
http://t-kinokai.petit.cc//grape5/

メリークリスマス!

カテゴリ:
IMG_4561

大好きな12月!!!
みなさん素敵なパーティーシーズンをお過ごしですか?
お久しぶりです。ついついツイッターがラクでブログの更新に腰が重くなりがちです…

私は忘年会やクリスマスパーティーの類から身を引いてすでに3シーズン目に突入…
着飾ってお出かけしてシャンパーニュ!なチャンスもなかなかないのですが、
それでも今年はクリスマスツリーを買いまして、かなりノエル気分が上がっております!
ツリーを家に飾ったのなんて子供の頃以来なのですが、
今のツリーってしっかりしてますね!組み立ても簡単で枝ぶりもモサモサ!
まだまだオーナメントも少ないのですが、息子がいたずら盛りの1歳9カ月なので
『飾る』というより『引っ張って落としまくる』という状態につき、上の方にだけ付けてます。
毎年すこしずつ買い足していくのも楽しいですよね!

さてさてホントに私事なのですが、
このたび第2子を授かりまして、来春出産予定です。
秋の初めまではやはり前回同様ぐったりつわりだったのですが
現在6カ月となりまして、元気にモゴモゴと存在をアピールするようになりました。
育児と仕事のバタバタな日々なので、なかなか気にかけてあげられないながらも
順調に成長してくれて本当にありがたい限りです。

そのため大変恐れ入りますが、また来年3月頭頃からお休みをいただき、
WEBSHOPも一時クローズさせていただく予定です。
いろいろご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
そのまえに渾身の新アイテムを登場させる予定で、現在準備を進めています!

年末年始の営業のお知らせはまた改めて。

ではでは Happy Christmas♡

ノンアルコールビールとノンアルコールスパークリングは妊婦と乳児ママの味方よ!!

覚書【育児アイテム】

カテゴリ:
ふう、やれやれ。一歳児が寝ましたので久々にちまちま書きためてたブログをアップ。
思い出作りのために記しておきます。

「これがなかったら子育てできませんでした」的な記録。
第一子なので何の経験も知識もないまま
毎日汗と涙と涎と糞尿と吐瀉物にまみれまみれて気がつけば1年3カ月経ちました。

私の場合妹が先に2人産んでてくれたので、最強のママ先輩としていろいろ教えてくれたり
ごっそりお下がりとしてくれたりと、本当に助かりました。
大人になってから結構ひしひしときょうだいのありがたみを感じています。

赤ちゃんのモノって一瞬しか使わないけど絶対あったほうがいいというものが結構あって、
しかもそれがそれぞれしっかりとかさばるんですよねぇ。
レンタルという手もあるのですが、見知らぬ人が使ってた物は微妙に抵抗が…
別にいいんですけどなんかね、なんとなくね!
なので親戚や友人からのお下がりはほんっとにほんとにありがたかったです。

さて、新生児を連れて帰ってきて早速必要になるのはベビーバスでした。
11 03 09 070
お、お猿さん…

長くても2ヶ月ぐらいしか使わないのですがとにかく毎日必要。
お下がりでもらったのがまさにこのシンクに入るタイプでした。
ぺたっと温度計も貼って。

が、使わなくなった瞬間にいきなりものすごくジャマなものになります。
数か月違いで生まれた友人赤ちゃんにそのままお下がりとして送られていきました。
こうしてまたどこかで新生児がホケ〜っと湯に浸かるのでしょう。

11 07 20 059

その後はお風呂場で一緒に入れるようになった頃、
またさりげなく妹からお下がりで送られてきたこのバスチェアは1歳3カ月の今も使ってます!
(うちの息子のちょうど1歳年上の姪っ子が使わなくなったアイテムがスライドしてくる)
これ本気で入浴の必需品!寝かせたまま頭も洗えて流せて、
自分の身支度中もタオルにくるんで待機場所にも出来て素晴らしいですよ。


ベビーベッドもいただいたのでヘッドガードのカバーを作ったりしました。
11 03 06 077
ベビーベッドって産む前は部屋にあると「くるのだな…!ここに!」と
なかなかに高まるアイテムだったのですが、実際赤さんが出てきたら
自分と一緒にベッドで添い寝のほうが圧倒的に楽だったので
夜に寝せるために使用したのは2週間くらいですかねぇ…
あとは夜中のおむつ替えの場所、メリー(くるくる回るアレです)を見せてご機嫌をとる場所、
動き回るようになったら手が離せないときに一瞬いてもらうひとり遊び場(兼・檻)として、
下のスペースはおむつストッカーとして使えるのでなんだかんだずっと置いてあるので
一応、使ってるアイテムのうちに入るかもしれません。

2ヶ月くらいまで日中置いておくのはクーファンでした。
クーファンて何だて感じですよね。私も知らない言葉ばかりで最初は???でした。
どこにでも運べるミニミニベッド、ってかんじですかね。

んまーここでグーグー寝ることなんてほとんどなくて
機嫌がいいときにちょっといてもらう場所、って感じです。
11 03 05 078

ここ以外のどこにいたのかというと、生後半年ぐらいまで、
日中家の中では抱っこひもの中でほぼ一心同体で過ごしていました。
最初はスリング。2か月ぐらいまではほとんどずっとこの中でした。
11 06 22 038

寝かしつけも日中寝てしまったときも、
s-310437137
家事の最中もとにかくずっとこの中で丸まっていました。
おかげで寒い季節でも熱いものなどは一切飲めませんでした(こぼしそうで怖くて)。
部屋でスリングに入れて膝の上に置きつつPC眺める日々でしたね。。
使ってたのは義母&母が産後のお世話に来てくれてたときに赤ちゃん本舗で買ってきてくれた
bettaのキャリーミーというスリングです。

可愛い柄のもあるのだなー。
私は何でも「旦那さんにも持ってもらわねば…!」と思ってしまって
地味な色を選びがちですがベビー用品ってホントにカラフルで楽しいですよ!

2か月ぐらいまではスリングでいいのですが
ホントにみるみる大きくなってどっしりしてくると肩の負担がきつくなってくる!
5キロ超えた頃にはスリングで出かけるというのはやっぱり長時間は
(スーパーに30分行くだけとかでも)厳しくなりました。
スリングは片手は押さえるためにふさがっちゃうからあまり自由度は高くないので
首が据わった頃から縦抱きの抱っこ紐がホントに便利になります!
134
お地蔵さんみたいね…
密着感がいいのか、とにかくよく寝てくれました。
私が買ったのはアクションベビーという抱っこひも(おんぶ兼用)です。

可愛い色柄がいっぱいあるんですが、オリーブという無地のタイプにして
アップリケなど付けたりして多少カスタムしました。

ホントに毎日毎日使ってたので、下の画像のように色がかすれたり汚れたりと、
それはそれはものすごい使用感なのですがオリーブ色(カーキ)にしといたので
古着ぽいアーミー感で済んでいると思いたいです(笑)
IMG_1444
この抱っこひもはホントに戦友…ズッ友…


外に出ると圧倒的に見かけるのはエルゴのギャラクシーですね!
☆の刺繍が可愛いやつです


こちらの比較表(PDF)わかりやすいですよ!
私はコレ見てアクションベビーに決めました。

子連れで出かけてる家族を見ると父親が子供を抱っこしているのをよく見ると思うのですが
アレは「ママは普段死ぬほど抱っこしているし外で単体で歩けるのうれしい」
「父親は外で抱っこできるのがけっこう新鮮でうれしい」という
まさしくWIN×WINのバランスが取れたよい光景なのですよ!
ということで抱っこ紐、あんまりファンシーな色や柄じゃない方が兼用しやすいかと思います。

とはいえやっぱり自分専用の可愛いのも欲しい!ということで
ハセガワ・アヤさんの可愛いイラストがプリントされたフェリシモの抱っこ紐20120531025104s-5ienyq
(うおー売り切れか!さすが…!買っといてよかった)
これは本体が薄手なのでベビーカーのポケットなどに入れておいて、
「抱け〜!」とぐずった時などにひょいとかぶるだけで装着できて、
とっさのご機嫌取りに便利でした。
家でレギュラーのアクションベビーを洗濯してるときなどにも使用。
そうそう抱っこ紐って結局洗い替え用にふたつぐらいは必要になりますので
フェリシモの抱っこひもはサブにちょうど良いと思います。安いし!

さてさて離乳食が始まってからは最初のうちはいいですけど
自分で食べ始めるともうホントにとんでもなく汚されます。
エプロンや投げ捨てられても中身の出ないコップなどは複数個必要なので
きっと皆さん買われると思いますが、
私がホントに日々「買ってよかった…!」と思ってるアイテムはこれです。

シリコンでできたランチマットって感じですが、吸盤付きでずれないのと
手前の受け皿が超優秀です。
食べこぼした汁物や麺などもごっそり手前のポケットに溜まりますし、
それを自分でまた食べてくれます(笑)
食べこぼし画像はグロすぎるのでマイルドめな画像
555952892
食べこぼしだけでなく脂ぎった手をテーブルになすりつけられても平気!
お皿なしでこのマットの上におやつを置いても平気。
食べ終わった瀬戸物のお皿をガンガン打ちつけられてもちょっと平気!やめさせるけど!
とにかく食べさせる際のストレスが激減しました。
子供がいる家庭にピンポン慣らして押し売りしたい級におススメです。
食べ終わったらエプロンも皿もこれにくるんでまるごとキッチンへ運べば
片づけ完了なのもありがたいです。くるくる丸めて持ち運べるので外でも使えます。

あとエプロンは袖ありをヘビーユースしています。すぐ乾きますが朝昼晩3枚は必要。

汚れないおやつだけとかならスタイのタイプでも。



最後に小声で…オムツ処理はいろんなことをやったんですが

↑こちらがかなり蓋の密閉度が高いです。うちはコレのベージュです。
ビニールに包んだオムツをここに光の速さで蓋を開け閉めして放り込む
ゴミの日の朝に外で(←ポイント)指定のゴミ袋にまとめる
というお作法にたどり着いた感じです。


ああこの記事、誰かの役に立ったらいいな…キモノ関係なさすぎるけど…
あとはまたなんか思い出したら書き記しておきたいと思います。

1年経ちまして

カテゴリ:

子供が生まれてからあっというまに1年が経ちました。
というか現時点ではもう1年2カ月経っているですけど、ホントにホントに早いです。
親馬鹿アルバムも2冊目となりました。

息子の初めての誕生日は札幌で過ごすことができました。
1歳になったからと言っても、まぁ楽になったこともあれば大変になったこともあり…という感じで
あいかわらずワタワタしながらもなんとか日々過ごしております。

しかしながら4月からは保育園が始まったので、
仕事に集中できる時間を持つことができるようになりました。
仕事ができることの喜び、ありがたさをかみしめながらも
キビキビ仕事してはやく迎えに行ってあげなくちゃ!とソワソワしてしまうママ心。

今年もポワソンドールの浴衣はすでに始動しており、週末は東京展示会です!
これから徐々に「キモノ店」の方の活動もしていきます!

どうぞこれからもよろしくお願いいたします!

映画館行けた!映画館…!

カテゴリ:
mamas_club_theater_img01
ご存知ですかママズ クラブ シアター
ママズクラブシアターR とは?
出産して以来、映画館に行ったことがない。赤ちゃん連れでも映画を楽しみたい。そんなママのご希望にお応えし、赤ちゃん連れでも周囲に気兼ねすることなく映画を楽しめる上映、それが「ママズクラブシアター」。赤ちゃんが泣き出したり、喋りだしても皆様、お互い様!周囲に気兼ねすることなく映画をお楽しみください。

上映作品も日時も決まっているけど、その回だけは赤ちゃん連れの人限定で映画が観られるYO!
赤さんがウギャー!と泣いても、あぱーーーー!と叫んでも、
お互いさま♡お気になさらず♡ウフフ♡
という大変ほっこりなサービス(?)です。

で、本日赤さんとベビーカーとともにえっちらおっちら六本木まで行って、
観たかったコレを観てきました!
バーン。モテキ!!
moteki





バーン。長澤まさみーーー!
masaminagasawa
かーーーーーわいーーーーー!!!!!
ああ可愛かった。想像以上に可愛くてヤバかった!
顔面・美脚見放題、寿命が延びたわー。
映画はこりゃヒットするよねーという面白さでした。
ずっとニヤニヤもしくはブウ!と吹き出してしまうところも多くてほんと楽しいし
エンディングなんて空いてたのをいいことに思わず歌ってしまったよー。

そんで、ママズがどうだったかという感想。
『赤ちゃんと一緒に映画を観られる』のが楽しいんじゃなくて、
「あたし…!あたし映画館で映画観てる…!」というのがうれしいんですよ…!
自宅のテレビが地デジで買い換えてデカくなったとはいえ、スクリーンとは全然違うし、
「今やってる映画を映画館で観る」って、このサービスがなかった頃は
子供が生まれたらできなくなったことの筆頭だったと思うのです。
しかも映画鑑賞って別に美容室みたいに
「ちょっと行っとかないと困るからお願い」ってことじゃなくて、ただの娯楽だから
預けてすることの優先順位としては下方にランクされてたと思うのです。

なので、行ってみてどうってそりゃ超良かったですよ!

だって娯楽ですよ!!!!久々の、ただの娯楽タイム!!!!!
まぁ数時間のショッピングぐらいのお出かけはできるようになったとはいえ、
外では常に「迷惑かけてはならぬ…!」というプレッシャーと戦っているので
赤さん連れの人しかいない空間ってホント安心感ありました。

うちの赤さんは前半はもじゃもじゃと動いたりしてましたが、
とくに機嫌が悪くなることもなく、後半はグースカ寝てくれたので映画に集中できたし、
他の赤ちゃんも思ったほど泣いたりしてなかったし、全然気にならなかったです。
ぱっと見た感じ生後2か月ぐらいの乳児〜2歳ぐらいの子までいましたが
ほとんどの子が寝てたと思います。
薄暗いし、ちょうどお昼寝タイムぐらいに上映時間も設定されてるからでしょうかね。
何より空いてるので邪魔じゃない場所で立ってあやしててもOKですしね。

ただ今回はどうしても「マサミ」…じゃなくて「モテキ」が観たいから
六本木ヒルズのTOHOまで行きましたけど、
六本木駅は本当に本当にベビーカーでの移動が死ぬっほどめんどくさいので
ヒルズのママズクラブシアターには二度と行かないと思います(笑)
まぁそれでも「まさかギロッポンの丘まで来られるようになるとはね…」としみじみしましたよ。
ほんとに数ヶ月前まで、徒歩2分のクリーニング店に行くだけでも大冒険だったので…!

でも好きな映画が家から近めのTOHOシネマズでママズでやってたら
またさくっと行きたいです!!

袖が長いコドモ服

カテゴリ:
no title

いやー秋ですね!完全に!
この季節サイコー!(春先は花粉症で気候が良くてもあまり楽しめないから)
赤さんも生後7カ月となり、ムクムクでかくなる時期を過ぎ、成長が穏やかになってきました。
肌寒い日も増えて長袖が必要になったので、まずは日常着をポチる日々です。

先日買ったお安い長袖ボディはアメリカの赤さん用だからか、
1サイズ大きかったのか(一応6〜9month)、袖が長くて二折ぐらいしないといけないんですけど、
いつのまにか降りててベロベロなめててベチョベチョに…。
そして気付けば手がすっぽり覆われて赤塚不二夫のキャラみたいにズルズルしている…!
なので画像のように縫いしろあたりを適当に手縫いでザクザクシャーリングしてみたら、
まるでそういうデザインだったかのようになりイイ感じです。
ものの3分で出来るし、成長したら糸抜けばいいだけ。
ヨッシャ、これで他の海外のも「袖長いかも」と悩まなくて済みそう。
ちょっとフンパツな北欧などの可愛いヤツも、お出かけ用に探してみよう。

no title

あとは当然のように「赤ん坊には白タイツでしょ♡」と思っていたんですけど、
皆さまご存知?!お店に買いに行っても、白タイツ、ないんですよ!
いま、白タイツないの!(2度言う)
コレ昭和の時代にこどもだったアラサーアラフォーあたりの方はもれなく履かされてたと思いますが、
平成のベビー界では『レッグウォーマー』というものにとって代わられていたらしいです。
「なんで…!白タイツ…かわいいのに!!わあああ」と打ちひしがれたのですが
あっさり見つかりました(ネット万歳)。
コチラ
「ベビーに白タイツを!」の熱い思いが伝わるお店です。
しっかりしててやわらかくて履かせやすいです。お手頃価格で細かいサイズ展開がありがたい。

丸いオムツのおしりに白タイツ…赤ちゃんらしくてニヤニヤ尻を撫でています。
こんな変態みたいなことしても犯罪にならないなんて、育児ってスバラシイですね!

親馬鹿アルバム

カテゴリ:

子供ネタばかりですんません。
先日6カ月の記念(ハーフバースデーと言うらしいです)に、
今まで膨大に撮りためてしまった写真から自己満足写真集を作ってみました。
こんなの見て楽しいのは親とじいじ&ばあばぐらいだと思いますので、
自分たちと両家分で3冊。

WEBでレイアウトして製本してもらうサイトが色々あるので、
いくつか試しで登録して操作してしてみたところ、使いやすくてなかなかオサレっぽく仕上がるので
私はこちらでお願いしてみました。A5の36Pでじゅうぶん色々できましたよ。
http://www.photoback.jp/
「写真プリントアウトして、アルバム買って、貼って、キャプションつけて書いて×3冊」
というアナログな作業をする時間もスペースも作れなそうなので、
空いた時間でチャチャっといじって保存して…って感じで3日ぐらいで作って、数日後には届きました。
ページごとのレイアウトがけっこう自由だったり、画像の大きさも変えられるし、
帯もつけて奥付も…と、かなり楽しい作業でしたよ。
しいて言えば紙モノこだわる人のために中の紙質が選べたらよいかなぁと思います。
ざらっとした紙質なので写真プリントのようなつるんとクリアな写真集にはならないです。私は許容範囲。

いやーしかし、レイアウト自分でとなるとセンスが問われますねー。
画像はとにかくアホみたいに赤さんの写真ばかり撮りまくっていたのですが、
人物写真ばっかり並べると単調で面白みがないアルバムになってしまうので
もっと景色やブツ撮りもしとけばよかったな、とか。
パーツの寄りの写真もあったほうがいいな、とか色々反省点もありつつ。
また1歳になったら作る予定なので、そのあたり思い出しながらやろうと思います。

友達とキモノで集ったときなどの記念をアルバムにするのもオススメです。

このページのトップヘ

見出し画像
×