カテゴリ

カテゴリ:祖母ミツエ

カテゴリ:
3月中旬、祖母ミツエが永眠いたしました。

享年96歳。
老衰で眠るように亡くなりました。

祖母に何かあったら
見返そうと思っていたこのカテゴリに
こんな記事を書く日が本当に来るなんて。


葬儀は札幌でした。
祖母とは私が6歳のときから大学卒業後上京する22歳まで一緒に暮らしていました。
そこからは半年に1回ほどしか帰れなくなり、
10年ほど前から認知症の症状が少しずつ出てきて、
ここ数年は施設で生活することが多くなっていました。

息子が生後半年の頃に帰省して会って以来、
4年も会っていなかった祖母の顔はとても痩せていて
正直なところ「こんな顔だったっけ…?」と思ったのですが

ふと胸元で組まれている手と爪の形を見た瞬間に
「あぁ。おばあちゃんの手だ。」と涙がぼろぼろ出てきました。


大きな丸い爪で、
根元に白く山が出ていることが「健康の証」と自慢していた祖母の手。



料理を作ってくれる手。

わたしと妹がおおきくなるまでは
仕事で忙しい母の代わりに
毎日のご飯を作ってくれていました。

リズムに乗って包丁を使う手。
きゅうりを薄くスライスするときはいつも
「こんなの見なくたって切れるわ」と言って
わざと視線を外しながらものすごい速さでトトトトと切るんです。
それをドキドキしながら眺めたりしていました。


縫い物をする手。

祖母は縫い物や刺繍も上手でした。
孫6人中、女児が4人だったのですが
全員のリカちゃん用の布団や振袖まで縫ってくれました。

こどもの頃よく「円、ちょっと針に糸を通してくれないかい」と頼まれました。
老眼で見えにくくなっていたんだと思いますが、
針に糸を通した後、祖母の縫い物を眺めるのが好きでした。

私の浴衣を作ってくれる時も、
親指と人差し指をピストルのような形にして、
私の腕や背中の上を尺取虫のように動かしながら裄や着丈を測って
縫ってくれたのも思い出します。

そして小学校1年生の私にも
針と糸をもたせてくれて、縫い物を教えてくれました。

ただの布がポーチになるのがとてもとても楽しくて
「円は手先が器用だ」とよく褒めてくれました。

私は縫い物に夢中になって、フェルトでマスコットを作りまくったり、
自分でぬいぐるみののどに開いてしまった穴をかがったり、
お気に入りの靴下に開いた穴を繕ったり、
針と糸は、いつでも当たり前にわたしの側にあるものになりました。



字を書く手。

きれいな文字を書く人でした。
手紙やハガキもよく書いていました。
ときどき細い筆で半紙に目一杯文字を書く「写経」というのを
やっていました。最後の2文字目ぐらいで間違うと
「あ〜〜〜!!」と大きな声を出していました。
祖母の部屋から大声が聞こえる時はこのときと、
相撲中継のときでした。




小間物を作る手。

いつも何かを作っている祖母だったので、
きれいな千代紙を貼った小間物入れをつくったり、
みかんの皮を入れるチラシの箱なんかも
暇さえあれば折っていたように思います。
もちろん私も折り方を習って折ってました。



編み物をする手。

冬が近くなると祖母は編み物を始めました。
新しい毛糸で編み始めることはあまりなく、
まず何かを解いていたように思います。

「円、ちょっと手伝って」と言われるので
側に座り、肩幅くらいに広げた私の腕に、
祖母が解きたてのチリチリした毛糸をぐるぐると巻きつけて
大きな輪の束にしていきます。

それが終わると、今度は糸の端からくるくると巻き始めて、
私の腕からスルスルと毛糸が祖母の手元に吸い込まれて
きれいな丸い毛糸玉になっていくのを見るのが本当に楽しかった。

もちろん目を輝かせてみている私に、編み物も教えてくれました。
こどもの私には「目」の作り方が難しく、
何度もなんども教えてくれる祖母の手元をじっと眺めましたが、
毎年編み始めの頃にはすっかり忘れてしまっていて
目だけは作ってもらう方が多かったように思います。

メリヤス編み、ガーター編み、裏編み…目の増やし方減らし方。
祖母の説明と、手元を見ながら覚えました。
目が増えすぎたり、飛んでしまったら
「おばあちゃん直して」と持っていきます。

編み棒をスッと抜かれると「わ!」と思うのですが、
きれいなところまでポポポポポっと解いて、
目を拾うのをじっと見て、直し方を覚えました。
帽子やマフラーなどは私の冬休みの自由研究の定番でした。




わたしが祖母のそばにいるときは
その手元を眺めていた時間が圧倒的に長かったんだと
祖母の葬儀で、胸元で組まれた手を見て初めて気づいて
ボロボロボロボロ泣きました。


絵を描くことはひとりで楽しめることでしたが、
「モノをつくる」楽しさは、
祖母との暮らしの中で見つけたことでした。


祖母と孫という関係だったからこそ、
お互い過度に期待も甘えもせず、程よい距離感で
いろんなことを教えてもらえた気がします。


わたしが成長するにつれて
祖母は老いていきました。
正直、疎ましい時期もありました。

大学卒業後に上京して、
離れて暮らすようになって、
半年に1回ぐらいしか会えなくなって、

あんなにあんなに器用だったはずなのに、
家に飾られていた介護施設で塗ってきた「ぬりえ」は
たくさんはみ出ていて

それでもどんどん小さく可愛らしく、
そしてユーモラスに老いていく祖母のことを
なんとなく書き留めておきたくて、
このブログに「ミツエ」カテゴリを作ったのでした。


いつも夕食どきに毎晩ビールか梅酒を晩酌しながら
「あ〜しあわせ。おばあちゃんね、もういつ死んでもいいの。
朝起きてこないな〜と思ったら死んでたっていうのがいい」

たぶん祖母と食事したことがある人なら、
確実に全員聞いてるはずってくらい毎日のように言ってた通り、


眠るように、亡くなったそうです。

「おばあちゃん、すごいよね」と
久々に会った親族で、泣いたり笑ったりしながら、送り出しました。






ほんとうに

「ありがとう」

以外の言葉がでてきません。





最後に、祖母が古希の記念に作った句集「初鏡」より

『命かくありたし 風のなき落ち葉』

(意訳:風もない秋の日に はらりと枝から落ちた枯れ葉 
            わたしの命が尽きるときも こうでありたいものだ)

8人目のひ孫

カテゴリ:

【3年目の浮気】みたいなタイトルですが。

先日子供を連れてはじめて札幌に帰省しました。(里帰り出産じゃなかったので)
その際、赤ちゃんを連れて久しぶりに祖母ミツエに会いに行きました。
うちの子はミツエにとっては8人目のひ孫です。

残念ながら、痴呆が進んでいて、私のこと覚えてなかった。

前回はまだ分かってたんだけど。
すごく申し訳なさそうに「う〜ん。おばあちゃん、頭がだいぶパーになってきたんだ」と笑っていた。
寂しいけれど、ミツエさんはすごく穏やかで
ニコニコ小さな可愛らしいおばあちゃんになってた。
幸せなんだと思う。

赤ちゃんを見るや、本当にうれしそうにして、自分のお昼ご飯はそっちのけで
「可愛いねぇ。愛想がいいねぇ。」とたくさん褒めてずっと可愛がってくれた。
会いに行って良かった。

そうそう。このふたり、誕生日が一緒なのです。
ちょうど90歳違いです。

洗濯カゴ

カテゴリ:
c7a9b95a.JPG
あれから5か月…やっと買いました〜。

気にして出かけるたびにいろいろ見てたんですけど、
わりとデカイものなので、ちょっと買ってくるというわけにもいかず、
車で出かけるにしても、どこで売っているのかもよくわからず。
あーネットってホントに便利〜。

となりは片腕もげても使い続けられていたボロボロのバスケット…。
ここまで使われたら本望だろう。

買ったのはこれです。
このお店の商品はいろいろシンプルでかわいいのです。

取っ手が合皮なので、ヒマを見てヌメ革に変えるつもりです。

前のカゴは多分25年は使ったと思うので、
これも今から25年使ったら…私かかかかか還暦だよ…!!

『還暦』と言えば、先日ママンが還暦に!!
「なんもめでたくもないわ」というけれど、
大きな病気もしないで60年って、やっぱりめでたいよね。お祝いだよね。
ちなみに祖母ミツエは米寿です。
ママンから送られてきたミツエの近影。
1437902f.JPG

一緒にお寿司を食べにいったようです。
ご機嫌な様子。元気そうで何よりだ!

さて仕事だ!11月はコートの発売前に出張が続きます〜
来週、中国出張へ行ってきます!楽しみだわ〜!
で、その翌週は大阪出張です!

コートはとてもうれしい企画も同時に進んでおります♪
11月下旬に発売できれば嬉しい。。
お楽しみに!!

ミツエの俳句

カテゴリ:
4e72ca91.jpg
「屠蘇を受く 生命線の ほり深し」

『お正月にお屠蘇を受ける盃をもつ自分の手の生命線の彫りがとても深い』

と言うことなのですが、
今年も家族親族で正月を無事に迎えられたこと、お酒を美味しく飲めること、
これからも長生きできそうだということすべてに感謝している…
みたいな感じですね。
五七五の短い文に、めでたさやうれしさや感謝の意がたくさん感じられて、
俳句とかあまり分からないですけど、これはいい句だな〜と思います。

ずいぶん前に作った句で、何か賞をもらったんじゃなかったかな。
だからわざわざ自分で書いて額に入れているんだね。
また来年もお屠蘇を受けられるよう、長生きして欲しいものです。

札幌に

カテゴリ:
73e5393e.jpg
5af6383d.jpg


帰ってきています。
明日東京に戻ります。

昨年5月に帰ったときは足を骨折して入院していた祖母ミツエですが、
新しい事から忘れていくようで、
足を折った事も入院した事も、自分の中で無かったことになっています。
なので足をかばう事も無く、転ぶ恐怖も無いようで、平気のプーで歩いています。
高齢の骨折からここまで普通に復活できるのはすごいと思う。
普通入院した事で心が弱って、体も弱ってしまいがちなのになー。

そして今回は一発では名前を思い出してもらえなかった。
思い出してしまえば「ま、円でしょ。それくらいはわかってるよ」と言うのですが
不意打ちで「じゃあ私の妹は?」などを尋ねると
「・・・・誰だったかな」となってしまう時間がある。
言えば思い出すし、うまく思い出したら言えるんだけど。
ミツエいわく「おばあちゃん、だいぶんパーになってきた」のだそうです。
次回会うときはかなり怪しいな。。。

●昼から「わたしビールを頂こうかな〜」と言って
ママンに「なに言ってんの?!お昼だよ!」と怒られていた。

●ママの引越し先の廊下がセンサーライトで点くので
「スイッチも押してないのに電気が点くなんて、不思議だけどありがたいよ」と
ひとり言を言っていた。

久々にミツエ

カテゴリ:
札幌の実家の母が、私も妹も東京と大阪に嫁に行って、
「まあ、戻ってきそうもないわね」ということで、
コンパクトな物件に引っ越すことに。

荷物の整理をしていて、出てきた私の学生時代のアルバムや
中高時代に回した手紙の束やら、封印されたティーン日記などを
送ってくれたのですが、
祖母ミツエの荷物も整理したらしく(いや!生きてますよ!)、
私が子供のころにミツエにあてた手紙や絵などが一緒に入っていました。
毎日毎日絵を描いている子どもだったのですが、
全部残っていたら面白いのになー。

4歳
4歳です。
はにかんでる感じ。かわいいミツエ。
Vネックの下にボーダーのものを着ていると思われます。
5歳
5歳。
きゃはは!天然生活のほっこりイラストのよう。
冷蔵庫や鍋とフライパンが重なっている点、
カトラリーなどの描き込みがなかなか興味深い。

不明
ちょっとまたタッチが変わる。
なぜかXライダーのギラギラシールが添付されています。
赤目。ストライプ。洋服を描き込むのが好きな様子。

7歳
7歳。
いきなり劇画タッチで若返るミツエ。しかも難易度高い横顔…!
これは壁に貼り付けられるようになっている点などから、
敬老の日付近で小学校で作らされたのだと思う。
「おばあちゃんを描く」というより、ただ横顔の女性を描けるようになったので
自分が描きたかっただけなんじゃないだろうか。申し訳程度におでこにシワ。
針仕事をしていますね〜。
縫物や編み物を教えてくれたのはミツエ。
今の仕事の原点はミツエなのかもしれないな。

敬老の日作文
作文。
ミツエ、年休1日。

そのほかも卒業アルバムなどいろいろ入っていたのですが、
「燃やしていいよ!」と言っていた、MOSTデブ期の成人式写真までも!!!!
久々に見てみるも想像以上の破壊力でした…!
女芸人どころか「新弟子検査はあちらです」という感じか。
お札を貼って封印したい。お炊きあげしたい。

大阪とか札幌とか

カテゴリ:
椅子カバー

大相撲千秋楽の放送を待つミツエ

大阪の姪


美味しいものを食べ続けているので、
すごい勢いで肥えてるのを自覚しているのですが
見て見ないふりを…。
大阪グルメ話はまた今度。

札幌に着いた日に友人の結婚式で、久々に高校時代の友人テーブルで
気分はハイティーン気取りでゲラゲラ笑って、2次会3次会と楽しく過ごしました。

昨日一昨日と祖母ミツエのお見舞いに行ったところ思ったより全然元気で、
「アラっ?!円かい?!」と飛び起きたのでびっくりしました。
ガスガスひざを曲げたりやたら動いたりするので「いたくないの?」と聞いたら
「なんも痛くない。退院したい」と5回ぐらい言っていました。
上の画像、足元はベッドの柵から出してブラブラしてるからね!
こっそりビールを一缶だけ持って行ったら大喜びで湯呑に入れて
「うん、うん。美味しい」と飲んでいました。
缶はバレないように持って帰ってきたけど、
途中で看護師さんが見に来たのでたぶんバレてるな…。

以前送った椅子カバーはちゃんと使われていて安心しました。

昨日はママンとおたる水族館に行き、帰りにお寿司を食べ、
そのまままた友人と飲みに。
久々にカラオケに行ったところ、受付で大学生アルバイト風の店員さんに
「いま空いているお部屋がBBサイバーダムのお部屋になります。
古い歌もいっぱい入っていますし」と言われてギャッ!となりました。
ガラスの三十代。

ミツエ骨折

カテゴリ:
7ff6be96.jpg

祖母ミツエが大腿骨骨折…!
先週のショッキングニュース。
健康優良老人ミツエ、初手術。初長期入院。

だいぶん痴呆が進んできた(「孫は何人いるの?」と聞いたら「3人」と答えたらしい。正解は6人…)みたいなのですが、今月下旬に友人の結婚式があるので札幌に帰るから、その時お見舞いに行こう。
お見舞いにビールを持って行ってもいいんだろうか?
傷の治りが遅くなるとか、あるのかな。
まずちゃんとマドカだと分かってもらえるか微妙に心配だ…!

いま88歳かな?老人は骨折すると一気に弱るから心配。
画像はママンが携帯に送ってくれました。
「円に送るよ」と言って撮ろうとしたら、唇を何度も舐めたりして、
ちょっとでも可愛い顔をして写ろうとしてくれたようです。
女だのう〜。

姪っ子

カテゴリ:
4e75f31e.jpg5月の頭に、大阪にいる妹が出産しまして、姪っ子が出来ました。

まだ私は会っていないのですが、女の子なので人形感覚でいろいろ服とか作りたくなってしまいそうだ・・・!

札幌に住むママンは初孫に顔を覚えてもらうため(人見知りされないため)に、お互いの家でPCにカメラをつけて、skypeで画面を見ながら電話してるみたいです。

ママンがミツエに「ほら!メグとつながってるよ」とPCの前につれて来て、
妹が画面から「おばあちゃ〜ん」と呼びかけると
「アラッ!!!!メグ、テレビに出てンのかいッ?!!」と驚愕していたそうだ・・・!
そりゃそう思うよな・・・。

カバー

カテゴリ:
今日は椅子の座面カバーを作ってました。

ミツエの誕生日(85・・・かな)が近いのですが、プレゼントが思い浮かばない。
老人になるともう何でも持ってるんだよなー・・・。
ショールとか無難だけど、大量に持ってるしなー。
基本的に物持ちいいですよね、老人。
帰省すると以前に私があげたプレゼントでも
コレ要らないからあげようか?」とか言うので、
喜んでもらおうとかそういう感じじゃなく、私があげたいものを勝手にあげることにしました。

それが食卓テーブルの椅子カバーと言うことなのですが、
私自身はそういう『カバー』とかスゴイ嫌いなのですよ・・・!
百歩ゆずって暖かくない便座に便座カバー、までです。(どんな百歩だ)

しかしミツエ・アイズを通すと、食卓の椅子の座面は
「汚れるからカバーをかけねば!」
食卓テーブルは「傷つくからカバーをかけねば!」という思考になるらしく、
帰省するたびとにかくカバー!カバー!されているわけです。
老人はカバーが好きですよね。
ドアノブカバーとか・・・電話の持つところにカバーつけたり・・・。
電話機本体にカバーつけたり・・・。

で、気がつけば食卓テーブルは、
変なレースがビニールコーティングされたものでカバーされていました。
ご丁寧にテーブルの裏で、がっちりガムテープで固定するという念の入れ様。
昨年帰省した際、ミツエがいない隙に思い切り引っぺがして捨ててやりましたが。
ちなみにカバーがなくなったことには全然気づいてませんでした。

で、椅子もいつのまにかカバーされていました。
ミツエお手製の椅子カバーで。
こんな柄・・・。プ、プレイボーイ・・・!
プレイボーイ・・・じゃない!!













かと思いきや、テディボーイ!!
何だコレ!!!

しかしミツエは若い頃、カーテンとかソファカバーなどを作る仕事をしていたので、
一応、形はキッチリ仕上がっており、
「まあ、はがして捨てるほどでもないか・・・。」というものだったので
数年放置されていたのですが、今月帰ったときに見たら
さすがに色あせたりほころびてきたりしていたので
「捨て時だな・・・!」と判断したわけです。

で、パターン自体はキレイなので、テディボーイを一客分だけはがして持って帰ってきて、
それを元に私がつくったのがコレです。ちゃんとゴブラン生地で6客分製作。
間違えないで欲しい柄は私の趣味じゃないんですが、
実家にあるインテリアは微妙にママンの西洋好みが色濃いので、このくらいメルヒェンで丁度いいかも・・・と。
裾にゴムも入れて、よりピシッとはまるように
仕上げたのですが、
コレを直接ミツエに送ったら、
便座の蓋カバーにされかねない・・・!と恐れています。

このページのトップヘ

見出し画像
×