カテゴリ

カテゴリ:おでかけ

あちらの国へ

カテゴリ:
美味しい
まさかの小熊…!
シンデレラ城
行ってきました。
天気が良すぎて7月上旬並みの気温という恐ろしい暑さだったのですが
平日だったので適度な混み感。

久しぶりだな〜5年ぶりぐらいかなー。
初めて開園から閉園寸前までアウレッシヴに遊び倒しました。
さすがに帰りはひざにきており、自分の中に中年を感じました。
足がだるいとかではなく、ひざって…

あの国の楽しみ方は人それぞれと思うんですが、私は個人的に
「遊具のクオリティと世界観の作りこみが間違いなく日本一の遊興施設である」
というスタンスため、乗って乗って乗りまくって帰る、
というパターンが多いです。(パレードやキャラクターに興味がない)
今回は友人たちと5人で行ったのですが、
全員そういうスタンスだったので、ありがたい。
パレードは横目で1分ぐらい見ただけ…。

友人のひとりは十数年ぶりだったらしく、
ファストパスのシステムをまったく理解できておらず、
ガンガン進んでいく最中ずっと「なに?!なに、この『選ばれし民』感…!」
異様なテンションでした。

今回一番ショッキングだったのは
くまのプーさんがかなり幼い小熊だったことですよ…!
イラストでは少年のひざぐらいの小さな生き物だったよ!!
なんか着ぐるみのイメージが強いせいか、ヒグマぐらいの大人なのだと…
老け顔だからか…?アテレコされてる声が明らかにおじさん風だから…?
いやいや、そもそも小熊に「さん」付けがおかしいだろう!!
「プー君」とかにしておいてくれればこっちだって…
どうでもいいか!

新アトラクションも朝イチで15分ぐらい並んでとったファストパスのおかげで
さくっと乗れましたが、感想としては
「ファストパスでだったら乗ってもいいかもね」という感じです。(なぜ上から)
3時間とか待つほどのものではないと…ディズニーアニメとか見てないからかなー?
この映画やキャラがすごい好きだったら「おおお!本物!」みたいに
テンションあがるのかもしれません。
5年ぐらいたったらたぶん10分待ちぐらいで乗れそうです。
個人的アトラクションランキング9位に認定。1位はプー君です。

一応お土産もね…と見てみるのですが
「お菓子も缶とかいらないんだよね」「紙包装で後に残らないものがいいよね」
などウォルトさんに非常に失礼。
たぶん子供がいたらまた視点が変わって、違う楽しみ方になるんだろうなぁ。
いやしかし楽しかった!!
結局すごい好きなのであります!!

たてもの園

カテゴリ:
f5dddbcc.jpg

996e58e0.jpg

bd014dfa.jpg
今年中には引っ越しせねばならんので、
自分の中でどんな家に住みたいのか、参考までに再び江戸東京たてもの園へ。

前回

今回はさくっと割と最近のコンパクトな建物だけ3軒ぐらい見る。
四角い空間に丸い電灯ってやっぱりかわいいなー。

今の家が和室だらけで寝室もリビングも和室なのですが、
この生活になってから畳無しでは生きていけなくなりました…!
この直にゴロリと転がれる感が大好きだ!
座布団を半分に折って枕に。
そんな私の顔の前をゆったり横切る猫。肛門近すぎ!畳ラブ!
日本人はフローリングに直座りはちょっとできないですが、畳はOK。
キモノ畳むにも、当たり前ですが畳だと平気なのに、床の上はちょっと無理。

というわけでリビングが畳の家に住みたいな〜、という結論。
「THE昭和〜な大きな花梨のテーブル置きたいよ」
「オシャレすぎるアーバンな部屋より、
ダサくて多少汚してよさそうな、くつろげる家がいいよ」など
夢(…なのか?)が広がっております。

5月かー!

カテゴリ:
はやい・・・ホントに早いわ!うそのよう…
もう5月なの!?
ついこの間まで灯油ストーブ焚いてたのにな〜

さて、仕事の隙間にレッドクリフを観に。
たまたま行ったら映画の日(毎月1日)で1000円だった!ワーイ!
薄笑い

パート1の感想
ああ〜かっこいいねぇ〜。
戦場では全く何にもしてないのに、結局一番カッコいい孔明!

まだ見てない方もいると思うので感想隠します。

Re:バービーボーイズ 2・17 ZEPP TOKYO

カテゴリ:
Re:BARBEE BOYS
3f6b7a6a.jpg

ああ〜…泣いた…!!
汗と涙と何かわからん感じで終わったら全身びっしょり…!放心。。。
今日の私のまぶたは、のび太のメガネ外した「33」状態です。
もう始まってから10曲ぐらいずっと号泣していました私。

心の中のローティーンの自分に
「あんたが今その変なダブルラジカセで聴いているKONTAと杏子は、
20年後にあんたの1メートル先で歌っているよ」と教えてあげたい。ううう。
ノスタルジーだけじゃなく、本気でカッコ良くて見惚れて泣けました。
なんなのだあのかっこいい大人…!

思えば2年前から、私の中の血中バービー濃度は上がっていたのであります。

この2年ぐらい、昔の多感な時期にカセットテープで聴いていたCDを
ヤフオクやブックオフなどで買い漁って聞いた上で、
「今現在聴いてもスルメなのはバービーだ」と、事あるごとに結構聴いていて
血中バービー濃度が2年かけて上がっていたところに 再結成!!
単独ライブツアー!!

プリプリやレベッカやゴーバンズは「女の子の気持ち」の代弁だったけど
バービーは当時から「男と女」の物語だったので、
当初からこちらの見方が違うんだよね…「憧れ」なのです。いつまでたっても。
そして自分が大人になって、改めて歌詞を理解してから聞くとまた鮮烈で
「ギャー!すごい状況…!なんという駆け引き…!」という曲ばかりで、
すでに「女の子の気持ち」からは卒業してしまった自分に、
あらためて切り込んでくるのはバービーだったというわけです。

それにしても、当時と同じキーで 最後まで声が出ていたご両人は素晴らしいわ!
ルックスも全く衰えていないというのがすごい…勇気わいたよ!

大人になるといい事あるね!オトナ万歳!
ユニコーンの再結成も、なんかパーっと明るくてお祭りみたいな感じがするし、
日本、わるくないよ!!!超たのしいよ!!

バービーボーイズご存じない方には意味不明の日記でホントすみません…!

以下セットリストと感想一言メモなど覚書

京都に

カテゴリ:
4bcd40ce.JPG二泊三日で行ってました。

1日目はキモノレッスン鞠小路のパーティー、
2日目は観光と懐石ランチとお買いものなど
3日目は早朝からガラクタ市、前田コーヒーでモーニング
   イタリアンランチと下賀茂神社で紅葉見物(ギリギリ)

北海道人の私が言うのもなんですが、寒いね京都…!
3日目はあまりの寒さに『3日分持って行った洋服をとにかく重ねて全部着る』という、
旅先のおしゃれも何もあったもんじゃない格好で過ごしました。
東寺のがらくた市では耳もげそう、つま先も壊死しそうに…。
キモノなどはあまり見ずにフラフラと楽しみました。
京都は見るところがいっぱいあっていいなあ。

道産子は基本的に古い建物を見慣れていないので、
京都観光初日の数時間は、ただの民家の町屋に出くわすだけでも、
「古い…!」「古いものだ…!」と無駄にテンションがあがってしまいます。

九州うまいものツアー

カテゴリ:
先日の九州出張は肥満覚悟で行ったので、
食べ物に関してはなにも後悔していない!というほど
満喫しました。

2泊3日の九州では仕事は一日目に詰め込んで、
あとの2日は時間をぜいたくに使う!と決めていたので、
初日の夜(福岡)からうまいもの祭りでした!
まずはヤフーグルメでも圧倒的な評価の高さに俄然期待も高まるもつ鍋ながまさ
ごまさば
ごまさば!初めて食べた!超うまい!
こんなかたまりでサバをもぐもぐ食べたことないよ!
からしれんこん
郷土料理系は外せませんね。揚げたて。
面白い味〜。辛くはないです。
もつなべ(味噌)
そんでもつ鍋!超クリーミーでした…!白みそ?
甘めのスープです。こってり。もつはやわやわでぷりぷり。
最後はラーメンを入れてもらいました。やばい〜…うまい。
レビューに偽りなしの大変いいお店でした。
駅から少し歩きますが腹ごなしにちょうどいい感じです。
また福岡に行くことがあったら醤油味のもつ鍋も食べに行きます!

このあと名物の中州の屋台でもちょっと飲みました。
屋台はまあ雰囲気を楽しむって感じで。

とんこつラーメン
翌日はお腹を減らしてからお昼にとんこつラーメンを。
なぜか無難に「一風堂」で(笑)。東京にもいっぱいあるのに!
なんとなく本場で食べてみたくなりました。
とんこつラーメン、博多に来たなら食べておかねば、
という感じでとりあえず満足。

博多駅から大分に移動。温泉行きます!
これはまるで電ライナー…!な、ハウステンボス行きの列車。
実際に乗ったのはソニック。
電ライナー
で、約2時間でべっぷ♨。
べっぷ♨
宿は海沿いの温泉潮騒の宿 晴海
部屋からの眺めも露天風呂もオーシャンビュー!素晴らしい。
ホントに海に浸かっているみたいでした。

そして温泉と言えば、ひと風呂浴びた後の夕食ですよ。
お膳でバーっと部屋食…ワイワイ!いうのもいいのですが、
こちらは食事処が別にあって、個室で懐石料理が一品ずつでてきます。
時間をかけて食事するのでお酒が進みすぎるね…
前菜おつくり椀物煮物焼き物忘れた揚げ物酢の物

お腹いっぱい!
しかしもう一回お風呂も入る!

お部屋にも露天風呂が付いていたので、
頑張って早起きして日の出を朝風呂で。
ひとりでこの海を眺めながら浸かっていると
「海よ〜…俺の海よ〜…!(BY加山雄三)」と歌いそうになる。危ない。
このあと太陽さまがピカーッと現れるわけですが、
思わず手を合わせて拝んでしまいました。日本人だね。

朝風呂最高

で、朝ごはんもまた個室でコースになってました。
朝ごはんもコース仕立て雑穀米
炊きたての雑穀米におかずいっぱい!
このほかにもできたてのくみ上げ豆腐や焼きたてのかまぼこ、
焼き魚などがどしどし置かれます。
小さなおかずも楽しくて、もちろん明太子も!
手のひらより小ぶりなカレイの焼き物がふっくらジューシーで美味しすぎました。
朝から満腹。。。
そしてチェックアウト前にもう一回お風呂。入りすぎ。
ホスピタリティのレベルも高くいい宿でした。大満足。

せっかくなので別府地獄めぐりもして、地獄蒸しプリンも食べました。
温泉の蒸気で蒸したというプリン。
地獄蒸しプリン
手作りプリンの味。
しっかりしたプリンにさらっとしたのほろにがカラメル。美味しい。

で、また博多に戻り、お土産などを見てから
最後に「食べ足りてないものを食べるわ!」ということで
駅から近い居酒屋へ飛び込みました。
食べたかったの…!イカの生き造り!!
ごめんイカ!ちゃんと全部食べますから!
イカの生き造り
新鮮!甘い〜!すごい食感!
そして足とエンペラはてんぷらにしてもらったのですが、
揚げると身がふわふわに柔らかくなるのね!
あんなに柔らかいゲソ天食べたことないよ!

ああ、ホントに大満喫でした。また行きたいです、九州。
あ!馬刺し食べ損ねた!

次は熊本とか宮崎、長崎も行ってみたいです。
ホントしばらくこの画像だけでお酒飲めます、私。

レッドクリフ

カテゴリ:
e1c69e07.jpg本日レディースデー。
で、レッドクリフです。

私にとっての三国志はもろ吉川英治の『三国志』です。
好きな武将は張飛、趙雲子竜。
そしてうちのミドリガメ(オス)の名前は「モウキ」というのですが、
「馬超 孟起(ばちょう もうき)」からとった名前であります。
普通に「モーちゃん」と呼んでいますが。

映画は、かなり面白かったです!三国志ロマン。
「金城武が孔明て…金城武にしか見えないよ!」と思っていたのですが、
後半ちゃんとに孔明に見えてきました。あの扇一振りがステキ。
そして趙雲の活躍の素晴らしいことといったら…!!
「白龍!」と呼ぶと金斗雲のように駆けてくる白馬!くぅーカッコ良いね!!
そして当然のことながら戦闘シーンは笑ってしまうほど武将たち強い強い!!
どんだけ偉丈夫!!

中村獅童の「甘興」というキャラに記憶がなく「誰それ…?」と思っていたのですが
映画だけの架空の人物だそうです。なんだそりは。
ねじ込むほどのキャラではなかった気もする。
パート2ではもっと活躍するのかな?
小喬役の女優さんはなるほど納得の超美人でした。

来年4月公開のパート2までにもう一回、三国志、読み直します!
万全の態勢で挑もう!

みどり

カテゴリ:
bd6830ea.jpg

森林とか湖とか山などが好きです。
年取ったらトレッキングとかするだろうな、と思う。

最近、休日は緑を求めている気がする…心が疲れてるのか?!
否!別に疲れてないけども!いま自分の中だけで緑ブームです。
で、先週の休みは井の頭公園をぷらぷらして、
昨日の休みは家の庭の菜園の後片付けとか、雑草を抜いたりしてました。
冬眠しかけのヒキガエルを何匹も掘り起こしてしまって申し訳なかったわ!
みんな「チッ…なんだよ〜たった今から寝るところなのに…」
という感じで、のしのし歩いて別の場所へ行ってしまいました。
すまん!来春元気で会いましょう!

本日はあきる野の秋川にロッククライミングに。
東京も西は山も緑もいっぱいで、ものすごくのどかなのですよ。
岩のボルダリングなどはチョコチョコやっていましたが、
本日はロープを使っての岩壁デビューでした。
クライミングは足かけ3年ぐらい、タラタラと続けてますが、
今年は週1程度はにジムには通っていたのにもかかわらず、
1本しかまともに登れず…!!!

しかしホント限りなく内向きスポーツであります。
何が面白いのと聞かれても「なんか…それが私もよく…」という感じで
今に至ります。奥深いなぁとは思います。
体力や筋力がそれほど重要ではないのと、パズル的要素もあるせいか、
雰囲気文系なまじめな人が多い気が…。

「ただ壁登ってるだけなのにパズルって…?」と思われる方も多いと思うのですが、
この動画をごらんくだされ!
彼は超有名な世界屈指のプロクライマー(日本人)なのですが
この動きとかすごくないですか…?!この壁、垂直じゃないので!
前傾壁ですよ!リアルスパイダーマンですよ…!!!

これ見て面白そう、と思った方はどうぞどうぞ一度ジムへ。

まぁ、今日は天気も良かったし軽く山歩きもできたので楽しかったです!
ということで、また一週間お仕事頑張ります!

横浜

カテゴリ:
d03b2c05.jpg

友人がお茶会に誘ってくれたので、ほぼノー知識のまま行ってきました…。
とりあえず洋服で…白い靴下持参というのも前日の夜知ったほどの無知!
危うく大変失礼な人間に…。(というか無知のまま行くのが一番失礼だ)
三溪園の重要文化財の中やお庭でお茶をいただけるという、
初心者にはなかなかいきなりの高ハードルでしたが、茶道…大変興味深いわ〜。

友人のお手前も本当に素敵でした。
落ち着いてきれいな所作をする女性というのは、
見ていてとても気持ちが良いですね。
憧れますが、私は日常から物を破壊しまくっているガサツ人間なので、
学生の頃もバイトを選ぶ時は「飲食は確実に、確実にやらかしてしまう」と
避けてたほどで、茶道を学ぶには…いろいろ障害が…!
しかし客人として行くにしても、もうちょっと勉強してから行ったほうが
もっと楽しいのだろうな。とりあえず本を買うところから始めてみよう…。

三溪園は広大な庭園に重要文化財がガンガン移築されており、
「横浜にこんなところが…!」「京都行かなくても良いのでは?!」
という世界でした。すごい。
「昔のお金持ちはやることのスケールが違うね!」
「ジャパニーズドリームだね!」など語りながら散策。
三溪園 http://www.sankeien.or.jp/index.html
お呼ばれいただいたのが、たまたま3人とも道産子だったのですが、
「北海道人は歴史のあるものを過剰にありがたがる傾向があるね…」と言いながらも
「吉宗が幼少の頃を過ごした建物だってよ!」「吉宗が!」
「家康が伏見城内に建てたものらしいよ!」「家康が!」など
わかりやすくテンションが上がる我々。

その後中華街まで移動して飲茶を。
日本と中国を横浜で大満喫でありました。

このページのトップヘ

見出し画像
×