カテゴリ

カテゴリ:おでかけ

邸宅で見るアンティーク着物展

カテゴリ:
ご無沙汰しております…って書き方から始めるのもうやめたい…!

すみません、何ヶ月も放置。
ボケーっと生きていたわけではないのですが、
なんだかいろいろで、いろいろやってたら今になってしまいました。
かといって『忙しい』とは違う時間軸で私の24時間が消滅していく日々です。
なんでしょうこれ、本当に不思議。。

あ、全然元気です!!
会社員やめて以来、久々に受けた健康診断も何も引っかかりませんでした!
歯医者にもまた通い始められたし、もうすぐ人生折り返しなので健康第一で…!


さて!先日市川の木内ギャラリーで開催された
「邸宅で見るアンティーク着物展」
わたし2日間通っちゃいました…。
1日目は久々に観るアンティーク着物の数々にドキドキしすぎてしまって、
パンフレットとトルソーに視線を交互に動かすだけでファーてなって帰ってきてしまったので、
翌日また行ってじっくり眺めて写真も撮らせてもらいました。

ほんの一部ですが。。
DSC09685
DSC09613
DSC09632
DSC09684
DSC09667
DSC09658

DSC09603
DSC09693

ファーてなるでしょ…

基本的に土日祝日はふだんは保育園の子供たちと過ごそう!と思っているのと、
(実際のところ「一緒に過ごしたいな〜」と「一緒に過ごさねば…」のハーフ&ハーフ)
子連れでおでかけは私のHPを著しく削ぐのでそこはザックリ諦めているため、
なかなか素敵なイベントなどに行けずにいるのですが、
なぜ2日間も通えたかというと自宅から自転車で10分ちょっとという
「どうなってるんだ俺得すぎるだろ…!」という場所で開催されていたからです。

こどもたちと午前中公園でしこたま遊んでから、たっぷり昼ご飯を食べさせ、
昼寝したら旦那さんに「んじゃっ!」と任せて電動自転車でピューっと伺うという2日間。
帰った頃にはちょうど子供達も昼寝から目覚めているというね。
こんなに充実した(誰の手もわずらわせることなく、私が子供になんの罪悪感も抱くことなく、100%自分のためだけの時間を取れるという、家族みんなハッピーハッピーな)連休を過ごしたのは、いつ以来かしら…。
小高い丘の上の邸宅までの坂道も、
「子乗せ電動自転車がこんなに役立つ日が来るとは…!」と思いながらモリモリ漕いでました。

会場内にいらっしゃってるお客様もトルソーのように可愛らしい華やかなキモノ姿のなか、
公園遊び仕様のままの平服すぎる自分でしたが、
「ああああああ〜やっぱりアンティーク着物、最高だよ…」
という気持ちにしみじみ酔いしれることができて本当に感涙です。

主催者のみなさま、ありがとうございました。
アンティーク着物も、建物も、キモノ愛溢れる皆さんの想いが
心臓バクバクするほど伝わる素晴らしい企画でした。
本当に本当に素敵でした!!!

それから、会場でただただ「ファー…!」てなってる私にお声をかけてくださった方々も、
ありがとうございました。人に声かけるのって緊張しますよね…!
嬉しかったです、頑張りますね、コートは来年に向けて頑張ってます。

とにかくいまは仕事のペースがものすごい牛歩なのですが、
久々にこうしてブログも更新できたし、自分はキモノは着ていないのに、
着た時の「あの」感じと同じくらいエネルギーがチャージされた気がします。

いやーキモノって、ほんっといいものですね❤︎

重宗玉緒さんの個展

カテゴリ:
ご無沙汰しております!
そして新年ももう3週間も経っちゃったんですね。
生きてます!元気です!

全然面白くないと思うので小声で育児のこと
昨年は本当にみっちり赤さんと密着しながら半径2キロ以内で生活していた1年でした。
生後半年ぐらいまでは、赤さんはほぼ抱っこ紐の中にいました。
いや抱っこ紐の中に彼は住んでいた…と言っても過言ではないほどに…。
動き始めてからはホントにいきなり人間になり、最近はこちらの言葉にたくさん反応しています。
「パチパチ(拍手)」「ブンブン(頭を左右に振る)」「ペロペロ(舌をベロベロと出す)」「バイバイ(手をブンブン振る)」などを会得したので暇さえあれば猿回しのようにやらせては私が喜んでいます。
あと「いないいないばぁ」という絵本を見て「だいだいだぁ!」と言っているので
簡単な言葉が出始める日も近いのでは…ママって言ってもらえるかしら…!!


さて!!!
「今年は自分の仕事エンジンをかけるためにもまずは素敵なものをたくさん見たり聞いたり
素敵な人に会ったり、素敵なもので脳味噌と心を太らせるのだ!」
と年明けに計を立てたのですが、その一発目としてもホントに素敵なものに出会えました。

重宗玉緒さんの個展【祝祭と葬列】@荻窪ギャラリー色彩物語

HP見て!ブログで作品も見て!そして個展、行ってみて!
これぞ現代のおしゃれで贅沢な友禅…!
no title
no title
no title

作品の雰囲気で「宇野亜喜良のイラストみたいなモノクロゴシックな女性なのかしら…
怖い人だったらどうしよう…うううドキドキするわ…」と勝手に想像していたのですが、
ほんわか可愛らしい方でした…!会場の雰囲気も明るくて可愛いです!
ご本人とも色々お話しさせていただいて、アンティーク着物を好きになった過程とかもほぼ一緒で
そういう人が全部手作業でこんなに素敵なものを作っているということが素晴らしい…。
ホント感動しました。キモノ以外にも可愛いファブリックもありました。

私は手描き友禅のトランプの帯揚げをオーダーしました。
「モノづくりって何でこんなに楽しいんでしょうね」という重宗さんの言葉が印象的で、
キモノ着たい熱も仕事再開のモチベーションもぐんとアガりました。ありがとうございました!


2012.1.14(sat)〜1.29(sun) 重宗玉緒 個展 「祝祭と葬列」

友禅、型染、捺染などの技法で、染色の全行程を作家自身が手掛けた着物や帯・小物(季節外れですが浴衣も)と、クッション。あとはテキスタイル、塑像などの様々な素材で作られたオブジェ作品を展示します。

毎木曜日(19日、26日)はお休み。
開廊時間 12:00~20:00。入場は無料です。

Gallery shikisaimonogatari

映画館行けた!映画館…!

カテゴリ:
mamas_club_theater_img01
ご存知ですかママズ クラブ シアター
ママズクラブシアターR とは?
出産して以来、映画館に行ったことがない。赤ちゃん連れでも映画を楽しみたい。そんなママのご希望にお応えし、赤ちゃん連れでも周囲に気兼ねすることなく映画を楽しめる上映、それが「ママズクラブシアター」。赤ちゃんが泣き出したり、喋りだしても皆様、お互い様!周囲に気兼ねすることなく映画をお楽しみください。

上映作品も日時も決まっているけど、その回だけは赤ちゃん連れの人限定で映画が観られるYO!
赤さんがウギャー!と泣いても、あぱーーーー!と叫んでも、
お互いさま♡お気になさらず♡ウフフ♡
という大変ほっこりなサービス(?)です。

で、本日赤さんとベビーカーとともにえっちらおっちら六本木まで行って、
観たかったコレを観てきました!
バーン。モテキ!!
moteki





バーン。長澤まさみーーー!
masaminagasawa
かーーーーーわいーーーーー!!!!!
ああ可愛かった。想像以上に可愛くてヤバかった!
顔面・美脚見放題、寿命が延びたわー。
映画はこりゃヒットするよねーという面白さでした。
ずっとニヤニヤもしくはブウ!と吹き出してしまうところも多くてほんと楽しいし
エンディングなんて空いてたのをいいことに思わず歌ってしまったよー。

そんで、ママズがどうだったかという感想。
『赤ちゃんと一緒に映画を観られる』のが楽しいんじゃなくて、
「あたし…!あたし映画館で映画観てる…!」というのがうれしいんですよ…!
自宅のテレビが地デジで買い換えてデカくなったとはいえ、スクリーンとは全然違うし、
「今やってる映画を映画館で観る」って、このサービスがなかった頃は
子供が生まれたらできなくなったことの筆頭だったと思うのです。
しかも映画鑑賞って別に美容室みたいに
「ちょっと行っとかないと困るからお願い」ってことじゃなくて、ただの娯楽だから
預けてすることの優先順位としては下方にランクされてたと思うのです。

なので、行ってみてどうってそりゃ超良かったですよ!

だって娯楽ですよ!!!!久々の、ただの娯楽タイム!!!!!
まぁ数時間のショッピングぐらいのお出かけはできるようになったとはいえ、
外では常に「迷惑かけてはならぬ…!」というプレッシャーと戦っているので
赤さん連れの人しかいない空間ってホント安心感ありました。

うちの赤さんは前半はもじゃもじゃと動いたりしてましたが、
とくに機嫌が悪くなることもなく、後半はグースカ寝てくれたので映画に集中できたし、
他の赤ちゃんも思ったほど泣いたりしてなかったし、全然気にならなかったです。
ぱっと見た感じ生後2か月ぐらいの乳児〜2歳ぐらいの子までいましたが
ほとんどの子が寝てたと思います。
薄暗いし、ちょうどお昼寝タイムぐらいに上映時間も設定されてるからでしょうかね。
何より空いてるので邪魔じゃない場所で立ってあやしててもOKですしね。

ただ今回はどうしても「マサミ」…じゃなくて「モテキ」が観たいから
六本木ヒルズのTOHOまで行きましたけど、
六本木駅は本当に本当にベビーカーでの移動が死ぬっほどめんどくさいので
ヒルズのママズクラブシアターには二度と行かないと思います(笑)
まぁそれでも「まさかギロッポンの丘まで来られるようになるとはね…」としみじみしましたよ。
ほんとに数ヶ月前まで、徒歩2分のクリーニング店に行くだけでも大冒険だったので…!

でも好きな映画が家から近めのTOHOシネマズでママズでやってたら
またさくっと行きたいです!!

ミドリ補給

カテゴリ:
08b70405.jpg
e476a365.jpg

昨日はお休み!久々にお休みの日に天気がいい!
「これは高尾に行かねばならないんじゃないの?今日なんじゃないの?」
ということで、行ってきました。
ここ一か月ぐらい「ミドリ〜〜〜〜ミドリいが足りないよううう」という
春先にやってくるミドリ欠乏症だったのですが、一気に完治ですわ!
(説明しよう!ミドリ欠乏症とは勝手に名付けた「山で森林浴したい!!!」という欲求から逃れられなくなる病である。私は春に発症することが多く、対処療法としては公園などで誤魔化ししつつも、根治するためにはとにかく山に行くしかないという恐ろしい病なのだ…!きゃはは)
秋の金峰山以来だわ〜

ミシュランで三ツ星取ってからは初めて行ったんですが、
以前は平日ならホントにほとんど人に会わないぐらいだったのに、
老若男女&犬などで適度ににぎわっていました。
土日はすごい盛況らしいですね!

東京に高尾山があって本当によかったといつも思います〜
マドシュランでも余裕の三つ星ですよ。
数時間で満喫できる山!
それでも十分カミサマ(えーと何というか日常であまり感じることのない自然界に対する畏れ、ですかね)を感じてすっきりしますし、
とにかく単純に気持ちがいい!!
ただただそれだけのために山に向かうので、私は山にオシャレしません〜。
山はどれだけ人がいても全員山しか見てないからね!
自分もそうだけど、他人のことなど誰も見ていない!全員、山と自分!
日常はギロギロ可愛いオシャレ女子をついつい探して眺めてしまうのに
山では他人のことが目に入らないというか、記憶に残らないのが不思議。

私にとってオシャレとは「他者の視線を意識すること&着る物で自分の気分を盛り上げる」というものなのですけど、そのどちらからも完全に解放される&必要がないのが『山』という場所な気がするのです。
都会にはオシャレしてない人を拒むような場所や、センスを試されるような場所、若くてキレイでで可愛くスタイル良いことが強者(だから私は自動的に弱者)な場面が少なからずあって知らず知らず緊張感を強いられているわけです。(もちろんオシャレすることによる心地よい緊張感もあります)
山にはそれが全くない。すべての人に平等。
だから老若男女でにぎわって、みんなそれぞれの楽しみ方をしているのですね。
私は山でくらいはファッションなんていうものから解放されて、
単純に山を浴びることを楽しみたいと思っております。
なんですかこのスピリチュアル臭い文章…。

あ!でも!流行りの登山デートとかだったら、それはめかすべきよ!!
ちゃんと他者(彼氏)の目線もあるし、
第一目的が山じゃなくて、デートだからね!

というわけで高尾山、一号路を登って一時間ちょっとで山頂。
山頂では小学生がたくさんお弁当を広げてました。
登山遠足か〜。いい天気でよかったね〜。
で、高尾名物とろろそばを食べ、
沢沿いのコース(6号路・ここが好きすぎる)を下りてきました。
正味3時間ぐらい。
水と森と山と、気温もちょうどよく気持ちよかったです!
コレでひと夏ぶんの緑を補給できた感じです!
ということで下界で仕事もオサレも楽しめそうでございます!

いや〜しかし明日辺りの筋肉痛が怖い。。

北京の思い出2009

カテゴリ:
すでに北京に行ってから1か月半もたってしまいました〜早い。
食べ物以外の思い出…といっても3泊4日だったので
観光らしい観光もせず、一人行動も午前中ちょろっと散歩したくらいなので
今回は珍道中は特にありません!

それでも北京、やっぱり変だわ、と思う部分も多いです。
今回びっくりしたのがコレ。
サリーのマンションは故宮の前のでかい通り沿いなのですが、
そんなメインストリートの道路わきに、
景観もへったくれもなく突然あらわれたキノコ!!
汚いキノコ

マンションの門の入り口前にあるんですけど、
北京市内に突然ボンボン生えたらしいです。
2メートルぐらいあるんです…!
よけい不気味

しかも変な水蒸気を出し続けているんです…!!怖い!!なんか汚い!

サリーに聞くと「北京の大気汚染をこれで緩和する、らしい。」
「ブーーーーーーッ!!こんなんで緩和できるわけないじゃん!」
「してるつもり、らしい。突然あったの」
「っつうか、なんでキノコなの…しかもこんな公園とかにありそうなメルヘンな…」
と、もう頭の中は?????????????でいっぱいです。
なんか中国っぽいものにすればいいのになんでキノコ…!
変な国だわー!変な国すぎるわ!!

あ、なんか記事見つけました。このときはまだつるりとキレイですが…。

あと、覚えてます?今年初めぐらいに
お正月の爆竹でビルがボーボー燃えちゃったっていう。
こげこげ
そのビルもコゲコゲのまんま建ってます。

個人的に「へ〜へ〜へ〜」だったのが、
家電コーナーにあった大量のジューサーみたいなやつ。
豆乳メーカー
これ全部「豆乳用」!!豆乳メーカー。
中国の人は毎朝豆乳を飲むらしく、一家に一台豆乳メーカー、です。へー。
あ、そういえば、私スタバのソイラテを日本で飲んだ時は
「…豆くさい…もう頼むまい」と思ってたんですけど、
北京で飲んだソイラテは美味しかったです。
一家に一台豆乳メーカーの国民らったらそりゃ味にもうるさいでしょうから、
きっとおいしい豆乳なんだろうな。

ドラッグストアで見つけたハンドソープ。
ハンドソープのび太
のび太単体のボトル…不思議。

優の良品
あと相変わらず謎の日本語はいろんなところで見ます。
「外国のものはいいもの」というイメージなのでしょうね。
日本のものもいいものだと思われてるみたいです。
日本は嫌いだけど日本製は好きなのか…。

美味しい何か
これは本当においしい食べ物なのですが、
オリーブオイルに塩味の葉野菜が漬け込んである感じの食べ物。
お土産にいくつか買ってきて友達に配り歩いているのですが、
まだ一人しか食べてない様子。その子は「おいしい!」と言ってましたので、
あげた方、ぜひ食べてみて…!ご飯に載せて海苔を巻いて食べるとうまいそうです。
中国製の食べ物って言われたらなんかちょっと身構えちゃう気持ちも
わかるのですが、あれだけ食にどん欲な国だから、たぶん大丈夫です。
(嘘だったらしいけど)ダンボール肉まんも
本気で彼らが作ったら、案外すごいおいしいものができるかもしれんよ…!

マイケルジャクソン

そういえば、マイケルジャクソンの「THIS IS IT」にわざわざ中題付いてたわ!
日本で言うと「これはそれです」という邦題を付けちゃった感じ。
これ以上ないだろ…!っつうぐらい簡単な英文だと思うのですが、
いまのところ英単語でさえわからない人が多いからだと思います。
でも中国はもう小学生から英語教育始めてるらしいですね。
あっというまにいろいろ抜かれてしまいそうだなぁ。

ということで、いまのところ北京に行ってもほんとに
がっつり買い物はしなくても楽しいと思います。
見て、食べて、楽しむ!
もし北京に行くことがあれば、これを見てくれば楽しいよ!というものを
私が個人的に上げるとすると

●毛沢東記念館で毛沢東の遺体と対面
●天安門広場の広さを感じる
●故宮を何となく見る(全部見ると大変)
●フートンを歩きまわる
●フートンの中にあるリノベーションされたホテルに泊まってみる(これは私が個人的にやりたい!ちょっと高いけど)
●骨董市に行く(チープな偽物骨董やお土産系がいっぱい)
●按摩マッサージ
●とにかくお昼と晩ごはんをたくさん頼んでいろいろ食べてみる(そして残す)

それから、やっぱり言葉が通じない以上、
コミュニケーションとるのは難しいかもです。
お店などではもともと愛想笑いもしないし声が大きい人たちなので
(たとえば「ああ!?」と聞き返すのが日本人的にはムッと来るかもしれませんが)
「こわい!野蛮!」と思ってしまわず、それも楽しめばいいと思います。
あ、外資のチェーン店だとそこまで対応悪くないです。マックとか。
お土産はスーパーとかで値段がついてるもののほうが買いやすいし
面白いんじゃないかなぁ。
美味しそうなレトルトとか、カップ麺もいっぱいあります。

あとはもうちょっと古いけどブルータスの北京特集号。
これ見てると北京行く前からかなりわくわくすると思う。


食べ物に関してはこの文庫本必携、で完璧です。


THIS IS IT

カテゴリ:
THIS IS IT
北京で観てきました。
三里屯に出来たばかりのモールの中のきれいな映画館で。
まー字幕が中国語だったので、逆に集中してマイケルに視線くぎ付け…!
ひとりの人間が世界に文化作ったってホントにすごいわ…
大ファンだったわけではないのになんでか泣けた。。。
日本でももう一回観ます。

行きの飛行機では「ココ・アヴァン・シャネル」を観て、
帰りの飛行機では懐かしの「ロミオ&ジュリエット」を観ました。
好きすぎて今もビデオも持っているのですが
(13年ぐらい前…無印の『テレビデオ』で観てました!)
何度見ても16歳のクレア・デインズが可愛いすぎる。。。

パーソナルテレビがある機体に初めて乗った時は
「すごい未来になったものだ…!」と思ったものです。
国際線だと食事してお酒飲みながら映画観られるのも幸せ。

関西出張

カテゴリ:
思い出
昨日関西出張から帰ってきました!!
アツい日記を書いてしまって無駄に寝不足だったのですが
寝る気満々で新幹線「こだま」に乗り込んで、
飛行機の機内でよく使うU字型の枕みたいなのをもちこんで
ふくらまして装着してよし即寝!のつもりが、
何処からか微妙に空気が漏れてて気付いたらしぼんでいる。。。
またふくらまして、寝て、しぼんで、起きて、ふくらまして…って寝てない!
降りるとき捨ててきました。
ちなみに結構満席だったのですが、起きるたびに隣に座っている人が、
おっさん⇒20代女子⇒オバハンと七変化しており面白かったです。
「こだま」は乗り降りが多いのだね!

今回の出張は来年夏のポワソン会議と工場見学メイン!
私たちはいろんな方々の力を借りながら仕事をしているので
今年はその現場もお伝えしていこうと思います。アツいわよ!!
私たちが楽しいと思ったり可愛いと思うものを
シュウシュウ頭を悩ませたりゲハゲハ笑ったりムギムギと体をひねったりしながら
形にしていく様子も一緒に楽しんでもらえれば何よりです。
浴衣に合わせた楽しい商品企画もあります!Ican't stop the 妄想!

マロ氏
つれない貴方。アヤどんの仕事部屋でのポワ会議を見守り続けた彼。
夜は旦那さんも一緒にお好み&タコ焼きパーティー!
さすが関西だわ〜!と思ってたら2人とも
「普段は両方いっぺんになんて絶対やらない。土曜のお昼とかに食べるもの」と…!
粉モノとソース味が好き過ぎる私のためにわざわざ…
しかも晩ごはんは白米とおかずを食べたい2人がわざわざ…!ありがとう…!
本当にすごい勢いでむさぼり食べたので画像なし!
タコ焼きも具だくさんで竹輪とか入れてたね。
豚玉も山芋たっぷりで餅もチーズも入れてもらっておいしかった!!
塩と七味、という通な食べ方も教えてもらったのですが
二人が「かけすぎ!」と驚くほど、私はソースをざんざんかけて食べたので、
夜中に猛烈にのどが渇いてビャーンと起きてしまいました。またも寝不足。


a7b1ff3f.jpg
翌日は注染工場を見学。
アツいアツい社長の話を聞き、現場で働く方々の職人魂にぐっときました。
働く若い人もすごい生き生きしていて、注染への愛があふれてて
なんかさらに、もっと注染が好きになりました。

そのあとは電車を乗り継ぎ神戸へ!
初神戸〜。オシャレカッフェーでおいしい焼きカレーを食べました。
パンがみっつも付いてきて持ち帰り用の袋までついてたけど余裕で食べきったわ!

チアコアさんにもやっと行けた〜。あの空間はすごいね…!
「可愛いもの」の価格破壊が起きています。
開店10周年ってホントにすごいと思う。
どんなことでもそうですが、始めるのって結構簡単だけど、
続けるって本当に大変ですよね。10周年本当に素晴らしいことです。尊敬。

もしいつの日か自分に女の子が生まれたら、6歳ぐらいになったら500円玉握らせて
「お店のものは壊さないように丁寧に触って、好きなもの買っておいで」と
あの空間に放り込んでみたい。
たぶん頭からジュウジュウ湯気を出して、3時間ぐらいかけて悩みに悩んで、
一生宝箱に入れて大事にするようなかわいらしいモノを
ふたつかみっつ、選べると思う。(店の方には迷惑か…!)
「女の子」「乙女」の世界でした。
可愛い名前のおいしいおしゃれ紅茶をいただき長居。


dc53e05c.jpg


8f289b51.jpg
その後女子度ゼロなお店瓢たんの「ぎょうざ」をお土産で買って帰り、
妹の家で焼いて食べる。うまし!!
特製みそだれ&旭ポン酢で食べる餃子はグッドコンビネーション with beer!
2日分の寝不足のためあっという間に就寝。


6d551be9.jpg

起きたら昼だった!
出かける用意をして中崎町に行ってから、新しくなった阪急百貨店へ。
エスカレーターもかわいい…!アールデコめ!
なんかどのフロアもレビューのよう。百貨店はいつの時代も女を奮わすのね!
普段買い物をする時間がなかなかない(デパートに行っても荷物を大量に持っていたり、仕事の途中だと気分的に「買いものすっどー!」となりにくい)ので、
帰省したり出張した先で買い物をすることが多くなります。
のんびりゆっくり時間かけて回れたり、
思いもかけない心わしづかみのものに出会ったり
するのはそういう場所が多い。出張の楽しみの一つであります。
夜は妹の家族と鳥鍋。
2歳の姪の語彙がすごい勢いで増えているわ〜。

あ〜〜〜中国、大阪と出張続きで、
おいしいものばっかり食べてたら見事に肥えた!!
しかし家でもお土産で買ってきた蓬莱551のしゅうまいをムシャムシャ食べている…!

文科系遊びと体育会系遊び

カテゴリ:
先週は仕事の合間に秋の文科系の遊びと、秋の体育会系の遊びを満喫しました。

◆文科系遊び
去年に引き続き、マリヲちゃんがお手前をする横浜三景園のお茶会へ
イナバさん、こまさん、スギタ氏と。
暑くも寒くもないキモノ日和でした!
イナバ氏以外はみんな初心者(というか何もわからない)という状態だったのですが
一席目の野点でいきなり、
「こまさんとスギタさんが正客席にニコニコ座っているよ…!」などなど
いろいろハプニングもありつつ楽しく過ごしました。
マリヲちゃんのお手前も素敵でしたし、何と言っても景色が素晴らしいからね…!
帯
そんな正式な感じじゃなく気軽な感じでいいよ〜とのことでしたが
お茶席に着ていけるような普通の着物がない…!と
あわてて母に送ってもらった小紋。ところどころ絞りの丸模様が。
「さすがに赤いからもう着ない」とのことなのでお下がりです。
小紋
私より母のほうが6センチぐらい背が高いので裄も丈も十分。
やっぱり昭和の人用なのでサイズの安心感があるな〜。
帯は紫織庵の羽裏で仕立てた名古屋。
ほんとは織か刺繍がいいのだと思うんだけど、横浜ということで帆船で。
<一眼レフ画像はイナバさんからいただきました。ありがとう!>

お抹茶を4席も堪能したあとは、中華街を散策したりしたのち、
「奇珍楼」という中華料理屋さんへ!
ボリューム満点でものすごいおいしいかった…揚げ物なども死ぬほど食べた!
生ザーサイ、竹の子麺、揚げワンタン、シュウマイ、五目うま煮、酢豚、春巻き
五目焼きそば、チャーハン…あとビール!!
途中で苦しくなっても、帯板を抜いたり、帯の中から伊達締めを抜いたりしながら
食べ続けたわ!!(そうまでして食べたいのか…!)
昔から愛されている有名店なのですね〜。前回は中華街のバイキングなどでも
満足していたのですが、こういう地元の人が教えてくれるお店はやはり良い…!

◆体育会系の遊び
文科系の人間ですが体を動かすのもたいへん好きです。
ということで一泊二日で長野県の金峰山にクライミングに行ってきました。
秋!
ナイスお天気です!そして紅葉も始まっていてきれい!!
森
リアル森ガールとなって、目的地の岩場まで道なき道を荷物を背負い登ります。
落ち葉がたくさん落ちているので地面はふっかふかです。
川とか
川も浅瀬を見つけて渡ったり岩を飛んだりしながら対岸へ。
よじよじ

で、着いたのぼる岩壁はほぼ垂直!!
空に向かってよじよじ登る!!登る!!怖いけど登る!!
腕もいたいし耐えられなそうだけど登る!!足もうっかり滑って落ちそうで
すごく怖いけど登る!!無理〜〜!!と思いながら登る!!
そして上まで行ったらロープで降ろしてもらう。
忍者のようにトントン降りてきます。
それだけ。それが何ともいえず楽しい。
人間はほんとに変な遊びばっかり思い付くものですね…。
コーヒー

モンカフェ的なものでも、アウトドアの時は外の空気がそうさせるのか
いつもよりおいしく感じます。
モンベルから野点セットが出ているのですが、
総重量190グラムならそんなに荷物にならないよね…!

これ欲しいかも。ゴミも出ないし。
外で景色見ながらお抹茶…いいねー!

山荘のご飯もおいしかった!!・・・・のですが
一瞬で食べてしまったので写真撮り忘れた。
夕食・朝食ともに素朴ながら手が込んでておいしかったです。
夕食は豚の角煮・刺身・サケときのこのホイル焼き、つみれ鍋、てんぷらなど
おかず盛りだくさん。そして朝採りレタスが食べ放題!!
モッシャモッシャ食べました。
翌朝は、朝食の定番の海苔や納豆とともに供されたのが
意外にも鰆の西京漬けや豚汁、がんもの含め煮など、
ちょっとひねったうれしい献立でした!
部屋は和室でこたつ、テレビなし、布団を敷くのはセルフだけど
大浴場もゆったりしていて十分十分。
村営の山荘はここです。

翌日も登って遊んで、帰りに山梨(清里)の「釜めしまこと」へ。
具!
具を自分で釜めしに入れて炊きます。
梅と鳥の釜めしにしたら梅がすごい大きさだった…!ピンポン玉くらいありそう。
炊きあがり
運動したあとの炭水化物っておいしすぎる…!

しかし最近運動より食べてる量のほうが確実に多い。
2キロぐらい増加しているのですが、
この食べ物がおいしい時期に痩せられる自信がまったくないので、とりあえず放置!

日本ラブ

カテゴリ:
0379fc4d.jpg


木曜日は午後まで仕事、そのあとは台風が去ったばかりで風ビュービューの中、
東京国立博物館へ。
皇室の名宝展がやっているので!
若冲の動植綵絵三十幅が一堂に!貴重な機会。
帝室技芸員の作品はすごかった…!
プライスコレクションの時は平日でも恐ろしい混雑でしたが、
この日は台風の影響か、そんなに混んでいなかったので見やすかったです。
2期も行きたい!
なんにせよ、どうにもこうにも庶民の自分ごときが
こんなに素晴らしいものを拝見できるというだけでも、ありがたい世の中だな〜。
あ、京都に行った時も「オラが二条城に入れるなんて…!」と思ったし、
フランス行った時も「オラがベルサイユ宮殿に入れるなんて…!」と思ったのでした。

3c0da4c3.jpg


その後日本橋へ移動して、穴子を…!
イナバ氏のお勧めどおりに「煮あげ」の小箱で頼みましたが、
ふわふわで溶けたよ!消えたよ…また食べたい。
ウナギとは全く違う食べ物なのですね…!

4914ed15.jpg

最近、デザビレの廊下は金木犀のいいにおいがします。
窓の下に何本か木があった。秋だな〜。

浴衣、アガるね!そして大人の浴衣考。

カテゴリ:
先日は靖国神社のみたま祭りへ出かけていました。
日が落ちる前に着いたので、まずはゆっくり遊就館。
その後参拝して、威勢のいい御神輿を眺めながら屋台のジャンクフードを
ビール片手に食べ歩きました。
牛タンステーキ、シャーピン、ピタパンにお肉と野菜を挟んだやつ(名前忘れた)
広島風お好み焼き…
昼間は恐ろしい暑さだったのですが、夜は風も吹いて気持よかったです。
ものすごい人人人でしたけどね!!

じつは今年、仕事以外で浴衣を着たのが初めてだったんですが、
「キモノを着て出かける(NOT仕事)」ってやっぱり気分が上がるわー!
背筋も伸びるし、なんだろうこの洋服にはない、心地よさ!楽しさ倍増感!
もはや日本人のDNAに刷り込まれている、としか思えないんですけど…!

しかしながら、若いお嬢さん(子供〜二十代くらい?)が浴衣を着ているのは
たくさん見たんですけど、意外と大人の女性が浴衣…着てないんですよね…。
んむむー?なんでだ?と、考えてみました。

ギャル浴衣が台頭してからは、
若い子の間では夏に浴衣を着てデートすることが浸透・定着したけど、
30代40代の女性はぽっかり浴衣着損ねてるんじゃないだろうか???
洋服だったらすごく自分の好みや個性を上手に遊べて着こなせて、
余裕でファッション楽しんでます!という世代なのに、
和服(浴衣含む)になったとたんに、
とりあえず超コンサバになっちゃって老け方面へ向かったりするのも謎。
ファッションなんだからもっと「これ好き!」「これ着たい!」って
自分が思ったものを素直に着ればよいと思います。
散々ファッション楽しんでる世代なんだから、オシャレ感度は高いはずなのに!
浴衣、着たくないと思っているわけではないと思うんですけどねー。

まぁしかし、まず「着たい!」「好き!」と思う浴衣やキモノに
『出会う場所』が一般的にない。
百貨店に行けば浴衣を売っているのは知ってる。
でも百貨店の呉服フロアや浴衣『売り場』ってなんか、
なんか…正直ダサイところが多いから
買い物する高揚感とか満足感とか簡単に言うと「楽しさ」がない。
夏になるとどこからともなく呉服売り場に現れる、
いかにも「着付けできまっせ〜!どっせ〜い!」という感じの
謎の制服姿のオバサマ販売員に着せつけてもらって買うのも、
アラサー・アラフォーの女性はなんか違うわ…と思っているのではないでしょうか。
呉服屋さんがわんさか出しているギャル浴衣はギャルしか似合わないし。
そもそも欲しい浴衣がないぞ、と。

着物も洋服もオシャレ大好きな販売員がいて、
一目で可愛い!着たい!と思える浴衣を
その商品の価値バックグラウンドなどを共感しながら、
その商品をその場所で、その人から購入できたことさえ喜びに感じるような
そういう買い物がしたい!!と、私だったら思います。
ぽっかり着損ねているオシャレな大人にこそ、浴衣着てもらいたいなぁ。
ポワソンドールがそういう大人の方々に、
選び取ってもらえるブランドになりたいなぁ。
頑張ります。小さなことからコツコツと…!

ポワの浴衣を着てお出かけした様子を、ブログ等にあげてくださっている皆様、
本当に本当にうれしいです!ありがとうございます!!
私たちの代わりに宣伝してくれてるようなものです…!
みなさまのその着姿や楽しんでいる様子がまた誰かの目にとまり、
「大人がさらっと浴衣っていいなー」って思う人が
増えてくれるんじゃないかと!!!!

で、そう思ったので私、キモノ着たときもあんまり、
自分の着姿を写真に撮ったりしないのですが
今回は撮ってもらってみました。ちいさめですが載せてみます。

浴衣は暑い夜にはこれでしょう!の綿麻の「萩」。
とにかく暑い日だったので、すっきりさわやか路線でシンプルに着よう!と
髪飾りもなし。アクセサリーも帯留めもなし!
帯は博多帯です。
人ごみで帯結びが崩れそうな予感がしたのでサザメを使用して花文庫(下向き)に。
場所によってはムギュムギュの混雑でしたが、まったく崩れなかったですよ…!
この浴衣をキリリと矢の字とかで着るのは、四十路のお楽しみにしておきます。
萩

このページのトップヘ

見出し画像
×