カテゴリ

カテゴリ:KIMONO

千鳥格子銘仙をポリエステル生地で復刻します

カテゴリ:
すっかり肌寒くなりましたね!

しばらくお休みさせていただいてたWEBSHOPですが
久々にオープンします。

今回は新作のキモノを販売させていただきます。
1年前から生産の準備を始めてきました。
やっと形になって本当に嬉しいです。

先日発売になったキモノ姫も、
アンティーク着物好きならご存知、銘仙の特集でしたね。
私も、銘仙のあのめくるめくデザインの面白さ、可愛さ、柄の大胆さ、
そして抜群の着やすさなどにどんどんハマっていったものでした。

そんな中でも、私がもっとも着た銘仙はこの千鳥格子銘仙。
プチ贅沢

単衣だったにもかかわらず、着用回数は最多。
足元

アンティーク着物でありながら、街着として浮くことのないモダンさと、
帯の合わせやすさ、そして何より銘仙らしいほぐし織りの柄行き。
13 02 09 032


もしこれが袷だったら、
何度袖を通していただろうかといつも思っていました。
「いつかシミ抜きもして、サイズも自分に合わせて袷に直そう」
と思ううちに、あっという間に10年以上経ってしまっていました。

そうこうしているうちに気づけば自分が40代を迎えて、
アンティーク着物との関わり方も少し変化してきました。

華やかなキモノの、その美しさにうっとりする感覚は変わらなくても
身に纏うには事前の気合いやら準備やらのハードルが
自分が思っている以上に上がっている感が、正直あります。

とにかく工夫して着るのが楽しかった時期を過ぎたら、
大人の着物姿としては、やっぱりサイズも着付けも綺麗に着たい。

着物姿というだけでも目立つうえに
アンティーク着物はさらに目を引くので、悪目立ちはしたくない。
そこをどうにかグイッと自分側に持ってくる面白さも知っているけれど、
大人だからこそできるアンティーク着物の楽しみ方をしたい。

着たら着たで楽しい時間が過ごせるのはわかっているのに、
そうこうしているうちに「ずいぶん着てない」ということ自体が
また着るハードルを上げてしまうんですよね・・・

でも、

この千鳥格子の銘仙は、なぜかいつでもどんなときでも、
ワンピースのように気負わず着られる、明日にでも着られる。
「着たくなったら、いつでもどうぞ」
そんな1枚として、いつも私の箪笥にいてくれました。

コーディネート次第で
可愛くもシックにも、
和にも、洋にも
こってりも、すっきりも、
どんな風にも楽しめるアンティーク着物。
変幻自在なこの一枚。

この千鳥格子銘仙は、大人の自分とアンティーク着物について
考えすぎてこんがらがってた私の頭の中を
スッとほぐしてくれた気がします。

これからもキモノをもっと楽しみたいから
この銘仙をより着やすいものとして復刻しようと決めました。

アンティーク着物をやっぱり着たいんです。
特別すぎる時じゃなくても、気合いを入れなくても、
お出かけ着の延長でアンティーク着物が着たい。
そしてあのアンティーク着物がもつ独特の高揚感も欲しい。

もし同じように思ってくださる人がいたら
それに応えられるものに仕上がりました、とお伝えしたいです。
復刻にあたり、柄の千鳥格子のサイズも微調整して、
小紋のキモノとして全体を見た時にバランスがよくみえる
理想的なサイズになりました。

ふらりと美術館
銀座のデパート
会食
年末年始
パーティー

どんな時でも、さっと着られて、
それでいて女っぷりがぐっと上がる柄行き。
千鳥格子のアンティーク着物。


いろいろ想いはありますが、
特設サイトを設けましたので、
ぜひご覧になっていただければ嬉しいです。

DSC09675
IMG_0220
IMG_0212

発売は10日の22:00〜を予定しております。
どうぞ宜しくお願い致します。

いつも初心に帰ることができるKIMONO姫

カテゴリ:
今年も出ましたキモノ姫ー!


13冊目!

ゆっくり眺めた後の熱い勢いでこの記事を書きます。

いつもいつもキモノ姫が出るたびに思い出すのは
初めてキモノ姫を見たときの、あの衝撃

そこには私の知らないキモノがあった
私が着たいキモノがあった
それを100年前の人たちが着ていたということを知った

カラーの映像もカラー写真も残ってないから
昔のことをイメージするときは全部白黒やセピア色だった

でもアンティーク着物が
当時の女子たちがいまよりもずっと華やかで素敵なキモノで
いまの私たちと同じようにファッションを楽しんでいたことを教えてくれた

ドキドキが止まらず
毎日穴が開くほど眺めた日々

あれは恋
間違いなく恋だった
みんなアンティーク着物に少女のように恋をした

そこからの平成着物ムーブメントを引き起こしたのは
間違いなくあの1冊のキモノ姫

そこから今に至るまで
アンティーク着物はいつも私の心の中にある

いまは恋だけに浸れない日々ではあるけれど
初恋の人のように忘れられない

DSC09680


今年も花火

カテゴリ:
梅雨明けも早かったですが、えらい猛暑ですね!
みなさん夏満喫してますか?

先月末に、今年の夏に間に合うポワソンドールのご注文のお品を
まずはすべて発送できたことに安堵しています。
そして様々なSNSやブログなどでポワソンドールの着姿を拝見させていただいてます!
届いた方、ぜひたくさん着てくださいね!

楽しそうなみなさんの姿を見ては
「素敵だな」「かわいいな」「嬉しいな」「ありがたい…」と、
何から伝えればいいのかわからないまま時は流れて
浮かんでは消えてゆくありふれた言葉だけ(BY小田和正)な日々です。

ポワソンドール感謝祭の東京屋形船についてと、
これからの大阪屋形船についてはまた改めて記したいと思ってます。
なんとなくこの夏が終わらないと、うまく言葉にできる気がしないのです。うん。

そして私も着られました!
今月1日は江戸川の花火大会でした。今年はポワソンドールの金魚尾ひれ(白)を着ました。
image
やっぱりこの柄が好きです。
キモノを好きになってから、ずっと欲しいと想像していた柄の浴衣を、
9年前に型紙を彫って形にして、その翌年からポワソンドールをはじめて…
年を経て似合って来ているような気がします、なんとなく。

ご近所までのお出かけなので、シンプルに浴衣と帯のみ。
でも着付けと姿勢だけは気をつける!

夕方にみんなで着替えて近所の商店街の出店でちょっとずつ買い物して、
DSC09568
かき氷を食べたり(商店街の通りは河川敷に向かう人でほぼ一方通行状態なのですが、ちょっと脇道に入るといつもながらの静かな街)
DSC09573
帰る途中に蝉の羽化!初めて見たー!
薄青く光る液体が羽に広がっていく様子…美しい…!
このあと息子が「採りたい!採りたい!」と言って泣いたけど、
この蝉はあなたが生まれるよりずっと前から土の中で生きてたのです!ダメです!
(ファイナルした蝉と抜け殻はバケツの中に大量にコレクションされ続ける日々ですが…)

帰宅してからは大人は浴衣はもうパパッと脱いで、宴の準備して、花火!
DSC09372
満喫!

後日、近所のおばさまに夫が朝挨拶したら、
「ご家族で浴衣着てお出かけしてらして、本当に素敵だったわねぇ!」と褒められたとのことで、とてもうれしかったです。
どんなときでもイベントにあわせた装いを纏うというのは、短時間でも気分がアガりますよね!

ほんとにここ数年は仕事で着る以外、その短時間の浴衣でさえ、着る余裕が自分の中のどこにもなかったので、こうしてふつうにパパッと着られることだけでも本当にうれしいんですよ。

浴衣は7月8月季節限定の衣服。
だからこそ浴衣と、暑い夏の思い出が色濃く深く刻まれる。
良い衣服だなぁとしみじみ思います。

今年はもう着る予定がないので夫の浴衣は早々に洗いました。
自分のはシーズンオフに出します。

着用後のお手入れにつきましては
よろしければポワソンドールのこちらのページもご参考ください。基本的にはクリーニング推奨です。
お手入れについて

今月末は大阪屋形船!
楽しみ!!暑い暑い夏2015を楽しみましょう!

★Poisson d'or おやすみ前の最後の展示会★

カテゴリ:
名称未設定
いよいよ来週、5月15(金)16(土)、ポワソンドールおやすみ前の最後の展示会が
東京・青山展示室401からスタートいたします!

毎年ワイワイと楽しく過ごしてきましたが、先日お知らせしました通り、
ポワソンドールは今年の活動をもちまして、しばらくおやすみさせていただきます。

なので、本当に皆さんとお会いしたい!
浴衣の展示会といっても、いつも通りフリーダムな空間です。
「その辺に腰紐あるから、セルフでどうぞー」「着られない人は声かけてね〜」
という緊張感のないスタイル。

お客さまも気軽に色々試着できますし、
なんか毎年お客さま同士でも「それ似合う!」「いいっスね…」とか始まるので面白いです。
私らも「それは違うわ、次!」「それだ!」と、ワアワア言いながら、
ときにペットボトル茶を片手に菓子を頬張りながら…というゆるさで今年も楽しみたいと思います!
こんなゆるゆるでやっているというのに、
なぜか毎年オシャレな可愛い女子がワンサカやってきてくれて、
「なんでこんなにポワのお客さんはオサレなんだべか…?」「なんでじゃろ…」と
我々いつもドギマギしながら感激しているんですよ、本当に。

【突然ですが、ここで去年の展示会の思い出をぶっ込みます】
お客さまがサマーレオパードを羽織った瞬間に「これだ…!」という表情になり、
こちらを振り向いたので、私も(それです…!)とコクリとうなづくだけで決まったというね…!
身に纏うものって、そういう言葉はいらない瞬間、ありますよね。

すごい女子女子しい空間で楽しいので、ぜひぜひ遊びに来てください!

dm2

●5月15(FRI)16(SAT)
場所:青山展示室401
時間: 15(FRI) 13:00〜19:00
     16(SAT)11:00〜17:00

東京都渋谷区渋谷2-5-9 パル青山401
渋谷駅から徒歩10分
青山展示室401地図
青山通りを表参道方面に直進、スターバックス手前右折
2階にインド料理屋さんが入ったビルです

そして6月はパリ…じゃなくて大阪展示会!

またあの素敵空間、アヴェリ ド ソワで展示会をさせていただきます。
アヴェリはパリですよね。
なのでパリで展示会と言っても過言ではないと思うんですよ!(わりと本気)

●6月5(FRI)6(SAT)
大阪アヴェリ ド ソワにて受注展示即売会開催!


場所:AVALEZ de SOIE
時間: 5(FRI)13:00〜19:00
    6(SAT)11:00〜17:00


〒 550-0014
大阪市西区北堀江 1-21-11-1F

電車でお越しの方へ
地下鉄西大橋駅より徒歩1分・地下鉄四つ橋駅より徒歩6分


ああ本当に楽しみ!!
みなさまのご来場をこころよりお待ちしております!!!


全日程・デザイナー2人とも常駐しています。
東京・大阪共に会場ではカードはご使用いただけません。
現金か1週間以内のお振り込みでお願いしております。
ご協力をよろしくお願い致します。

邸宅で見るアンティーク着物展

カテゴリ:
ご無沙汰しております…って書き方から始めるのもうやめたい…!

すみません、何ヶ月も放置。
ボケーっと生きていたわけではないのですが、
なんだかいろいろで、いろいろやってたら今になってしまいました。
かといって『忙しい』とは違う時間軸で私の24時間が消滅していく日々です。
なんでしょうこれ、本当に不思議。。

あ、全然元気です!!
会社員やめて以来、久々に受けた健康診断も何も引っかかりませんでした!
歯医者にもまた通い始められたし、もうすぐ人生折り返しなので健康第一で…!


さて!先日市川の木内ギャラリーで開催された
「邸宅で見るアンティーク着物展」
わたし2日間通っちゃいました…。
1日目は久々に観るアンティーク着物の数々にドキドキしすぎてしまって、
パンフレットとトルソーに視線を交互に動かすだけでファーてなって帰ってきてしまったので、
翌日また行ってじっくり眺めて写真も撮らせてもらいました。

ほんの一部ですが。。
DSC09685
DSC09613
DSC09632
DSC09684
DSC09667
DSC09658

DSC09603
DSC09693

ファーてなるでしょ…

基本的に土日祝日はふだんは保育園の子供たちと過ごそう!と思っているのと、
(実際のところ「一緒に過ごしたいな〜」と「一緒に過ごさねば…」のハーフ&ハーフ)
子連れでおでかけは私のHPを著しく削ぐのでそこはザックリ諦めているため、
なかなか素敵なイベントなどに行けずにいるのですが、
なぜ2日間も通えたかというと自宅から自転車で10分ちょっとという
「どうなってるんだ俺得すぎるだろ…!」という場所で開催されていたからです。

こどもたちと午前中公園でしこたま遊んでから、たっぷり昼ご飯を食べさせ、
昼寝したら旦那さんに「んじゃっ!」と任せて電動自転車でピューっと伺うという2日間。
帰った頃にはちょうど子供達も昼寝から目覚めているというね。
こんなに充実した(誰の手もわずらわせることなく、私が子供になんの罪悪感も抱くことなく、100%自分のためだけの時間を取れるという、家族みんなハッピーハッピーな)連休を過ごしたのは、いつ以来かしら…。
小高い丘の上の邸宅までの坂道も、
「子乗せ電動自転車がこんなに役立つ日が来るとは…!」と思いながらモリモリ漕いでました。

会場内にいらっしゃってるお客様もトルソーのように可愛らしい華やかなキモノ姿のなか、
公園遊び仕様のままの平服すぎる自分でしたが、
「ああああああ〜やっぱりアンティーク着物、最高だよ…」
という気持ちにしみじみ酔いしれることができて本当に感涙です。

主催者のみなさま、ありがとうございました。
アンティーク着物も、建物も、キモノ愛溢れる皆さんの想いが
心臓バクバクするほど伝わる素晴らしい企画でした。
本当に本当に素敵でした!!!

それから、会場でただただ「ファー…!」てなってる私にお声をかけてくださった方々も、
ありがとうございました。人に声かけるのって緊張しますよね…!
嬉しかったです、頑張りますね、コートは来年に向けて頑張ってます。

とにかくいまは仕事のペースがものすごい牛歩なのですが、
久々にこうしてブログも更新できたし、自分はキモノは着ていないのに、
着た時の「あの」感じと同じくらいエネルギーがチャージされた気がします。

いやーキモノって、ほんっといいものですね❤︎

夏の終わり

カテゴリ:
東京は数日前から蝉の鳴き声も落ち着き、夜は虫の音が聞こえます。

まだ8月だというのに急に肌寒くなってしまって、
なんだか一気に身体が「秋」と認定したようで猛烈に豚汁が食べたくなり、
速攻こさえてしまったほど前のめりに秋めいています。

そんな中、私のサマーレオパードのお仕立てが上がってきました〜。

image
お客さまの浴衣を優先してもらってたので私のは最後。
これはもうギンギンの日差しの中で着たい浴衣なので来年のお楽しみです!

突然ですが、私は道産子なので、東京の夏が本当に嫌いでしてね…
激しい日差しに当たるとじんましんが出るし、じっとりとした暑さもホントにダメで、
上京してからの数年はとにかく夏がもう本当にただただ苦痛…だったのです。

が!

KIMONO姫に出会い、アンティークキモノと出会ってしまってからは、
あのはかなくも美しい素敵な『夏着物』や、
気負わずカジュアルに楽しめる和装の代表『浴衣』という、
夏限定の超アガる「お出かけ着」を着ないわけにはいかなくなり、

そうなると暑かろうとしんどかろうと無理矢理でも出かけたもん勝ちで、
疲れようと汗だくになろうと精神的な充足感がそれを上回るようになって、
さらにはポワソンドールという浴衣のブランドまで始めたりして、
夏という季節を楽しみに待ったり、
夏のお出かけを楽しむということができるようになったんですよ奥さん!


キモノと出会ってなかったら
夏という季節ひとつ分、楽しめず生きていくところだった。
人生の4分の1、まるっと損して過ごすところだった!!
本当に、身につけるものひとつだけれど、
それで変わることっていっぱいあるな〜と実感してます。

今年の夏も、みなさんの色んな夏のキモノ姿、浴衣姿の中に
ポワソンドールのものがたくさん登場していて激しく感涙です。
私が出かけたわけでもないのに、
一緒に楽しませてもらったような気分にさせていただきました!
本当に、今年もありがとうございました!!!

ということで、私はすでに来年の夏のお楽しみをひとつ手に入れ、
気持ちのいい秋と、その先の大好きな冬を想うと
身体がムズムズと活発に動き始めたのを感じております。

浴衣が着られる夏が終わるのは少しさみしいけれど、
また来年の夏を楽しみにして下さい!
新作とか頑張ります!

浴衣!アガる!

カテゴリ:
先日家の近くで花火大会があったので、
家族で浴衣&甚平を着て、近くの商店街まで食料を調達に行きました。
image
私は数年前に自分で仕立てた紫織庵の手捺染の浴衣を久々に着ました!
これ『和マリン』で大好きなのでもっと着たいなぁ。
ポワソンドールのトリコロールよろけ縞半幅帯と深紅の塗り下駄を合わせました。

旦那とは地色、息子とは海モチーフ、娘とは下駄の色、を
それぞれ私のコーディネートとリンクさせているという超絶自己満足コーディネートです(笑)

旦那氏にはここ10年ずっと「縫う縫う詐欺」まがいの状態だったのですが、
今年やっと本気で縫う気になったので反物を探して、仕立てました。
image
男物は初めて縫ったので思いのほか手間取って時間が掛かったな…。
菱形の模様の下に竹青海が地模様のように薄いグレーでうっすら入っている、注染の2度染めコーマ。
浴衣はいわゆる『おっさん体系』のほうが似合う気がするので、
10年待たせたけども、それはそれで意味があったのかもしれないね!(無理やりか)

こどもたちの甚平は注染のものをネットで。
色々あった中で、夏モチーフのもので熱帯魚と朝顔に。
下の子は女児ですがまだ1歳3ヶ月なので今年は甚平でいいか…と決めちゃいましたが
来年は小さい浴衣を着てひらひら兵児帯もいいなぁ。
上の子3歳もこういう可愛いモチーフのを着てくれるのは4歳くらいまでかもなーと思って
今年は白地。すでに「かっこいいもの」への憧れが出てきてますしね。
5歳ぐらいからはキリッと紺地にしてあげようかなぁ。

昼寝明け、すこし日が落ちついてからみんなで着替えて商店街へ。
あとから写真見てびっくりしたけど、昼寝後で私髪の毛乱れすぎだし
メイクも煮溶けてて酷い顔だったので、画像なし!
今度午後に浴衣着るときは直前に全部イチからメイクし直そう・・・


会場までの順路となっている商店街の脇道に入ってカキ氷を食べながら
道行く浴衣姿の人々を眺めていましたが、私がキモノが好きだからとかそういうことじゃなくて
やっぱり浴衣姿の人にしか目が行かない!
どれだけハイブランドの高価な衣服よりも、かなり目立つ原宿系ファッションよりも、
花火大会に向かう人々の中では浴衣姿が最高におしゃれ。
花火(やお祭り)というイベントをファッションとリンクさせて思いっきり楽しもう!という
その気概がまず素敵なわけですよ。

そして花火大会へ向かう人々の気持ちも、浴衣姿の人々が沢山あふれることで、
花火上がる前からさらにアガるというわけだ!
周りの人に与えるパワーもすごいということです。
浴衣を着ている人は、目立つと言うことじゃなくて、いい意味でその着姿までが景色になる。
浴衣を着る人がいてこそ「日本の夏」なんだなぁ、と思いました。

そして何より単純に、着ててやっぱり楽しいです!
仕事で着る機会も多かったのですが、
久々にプライベートで着てみるとまた一味違うゆるい楽しさがありました。
そう、浴衣はきちんと着ても、ゆるくても楽しい。
着ててこんなに楽しいんだったらもっと着ないともったいない!と思いました。
なかなかここまで夏の野外オケージョンにベストな『カジュアルファッション』ってない気がする。

街行く浴衣を着ている人は圧倒的に若い人たちでした。浴衣カップルも沢山。
ここ数年で完全に浴衣が男子にも浸透しましたね!
願わくば若者のイベント着としてだけでなく、
彼ら彼女らが20代後半〜40代になっても、浴衣を着て出かけることの楽しさを
その世代世代で楽しみ続けて欲しいなぁ。
もっともっと上の世代のオジサマ浴衣姿なんてのも本当に素敵で、
若さでは太刀打ちできないかっこよさもあるのだよ!
私も「あのおばさんの着姿いいな。おばさんになっても浴衣着よう」って思われるように精進したい。

「いつの日かポワソンドールを選んでくれる方がこの若者の中にいるのかも〜♪」と思いながら
ごっそりおつまみなどを購入して帰宅。いそいそベランダでご飯準備。
DSC09368
薬味どっさりイタリアンカツオのたたき、義母が持ってきてくれた焼きそば、
韓国系の屋台で買ったトッポギ、海鮮チヂミ、
中華屋台で買った中国茶煮卵、、ザーサイ、バンバンジー、
ロールキャベツなどなど準備して、冷え冷えビールで乾杯!

ほどなくドーン!!うおー!!思ってたより大きく見えたー!!
image
衣食遊、大満足な1日。
浴衣着ると、そのシーンが『思い出』になるのもいい。

浴衣最高!

ポワソンドール展示会『ゆかたと夏小物たち』東京12日(土)・神戸15日(火)神戸

カテゴリ:
7月に入りました!

まだ梅雨明け前ですが、まもなくあのカーッと暑い夏がやってきますね!
そして各地でお祭りや花火大会などが始まります。
夏の思い出2014、ゆかた姿でいかがでしょうか?

今月12日に東京で、15日には神戸でポワソンドールの展示即売会を開催します!

すぐに着られる出来上がりのプレタユカタを始め、反物、
「せっかくだからお仕立てしたいけど、8月のお祭りに間に合わせたいの!」という方には
最短15日で納品の特急仕上げ(通常お仕立て料金+5400円)も承ります❤

浴衣に合わせて夏らしいアクセサリー・新作手拭いなど取りそろえてお待ちしております!
どちらも1DAYイベントです!ぜひ遊びにいらしてくださいね!


7・12(SAT)@TOKYOギャラリーアムコ

2014展示会東京
12:00〜OPEN 
18:00 CLOSE
場所:ギャラリーアムコ http://www.amco-cj.jp/gallery/access/

とても素敵な雑貨屋さんの2階のギャラリースペースです!
1階にあるものも1点1点じっくり眺めたくなるものばかりです。
ぜひ楽しんでください!

ACCESS: http://www.amco-cj.jp/gallery/access/


そして週が明けたら平日開催の展示会です!
神戸の最高にキュートなカリスマ愛子さんが主宰する着付け教室モダン波止場にて!


7・15(TUE・平日開催)@KOBEモダン波止場

aya-hasegawa1


OPEN 14:00
CLOSE 20:00(お仕事帰りでもぜひ!)

これまたカリスマCHOKOさんのアクセサリー販売や、ハセガワ・アヤのワークショップなども予定!

場所:モダン波止場 at PUB KENNETH
http://ameblo.jp/modern-hatoba/entry-11883150143.html

パブケネス
〒650-0023 兵庫県神戸市中央区栄町通1丁目2−11



お待ちしてます!!!!!!

展示会無事終了!サイト更新&商品情報

カテゴリ:
image

気づけば6月!浴衣シーズンまであとひと月となりました!

先日の東京展示会@青山展示室ではたくさんの方にご来場いただき、
本当にありがとうございました!

私も育児休暇復帰直後の展示会だったので
「オ…オラおとなと上手にお話しできるんだべか…!」と不安だったのですが、
いらっしゃるお客さまがみんな可愛くおめかししてて素敵で
それでポワの浴衣をバンバン羽織ってくださって
「わー!わー!女!おんな楽しー!女!女祭りじゃー!」
ともうなんか大興奮してたら終わってました…!

週明けからは頂いた差し入れおやつをモリモリと食べ、
翌週末の大阪アヴェリ・ド・ソワの展示会!

image


アヴェリの素敵空間になんかフワフワ興奮してたから全然写真撮ってなくて
マミ先生が撮ってくれたこれフェイスブックからもらいました…
なんか素敵なフィルター掛けてもらってふんわり色々ぼかされているアラフォー’s。
大阪でもひっきりなしにお客様がいらっしゃって
本当にうれしかった!楽しかった!ありがとうございました!

アヴェリは関西にお住まいの方なら
「ハレの日にアンティーク着物やアンティークのハットで盛りたい!めかしたい!」
というときに駆け込めば、間違いなく素敵にしてもらえるというすばらしい場所です。
店内はパリでした。あそこパリだよ!!

素敵な空間で展示会ができて本当にうれしかったです!

この粉モノ大好き人間の私が、お好み焼きもたこやきも食べずに帰るという
早朝出発深夜がえりの弾丸日帰り展示会だったのですが、
アヴェリの空間だけでなんかもううっとりしちゃって、
カフェスペースでおいしいスコーンや薔薇のお酢のドリンク(!)など飲んでたら、
「ソース味も青のりも要らない…!」と思えました。
なぜならアヴェリはパリだから!


そしてそして、ポワソンドールのサイトも更新し、新柄の画像などもあがってますー!

http://poisson-dor.net/
繧医%2

まずはサマーレオパード
何も考えずにとにかく見てほしいです。
これね、私も買います!宣言!
私のファーストヒョウ柄です。だって爽やかで可愛いから!
大阪のおばちゃんもダイヤモンド★ユカイも出てきません!
身にまとうとただ「可愛い自分」だけが前面に出てくる爽やかな注染ぼかしレオパード!
こんなのなかった〜!このポップさ最高!

縺・∩縺ョ縺ェ縺欺縺、縺九≧1

そして「うみのなか」
この美しい柄への愛はデザイナーアヤさんに語ってもらったほうが伝わると思うので
デザイナーズボイスより引用します。

「沖縄が好きで石垣島を始めとする八重山諸島によく行っているのですがその度に海に潜ります。ダイビングとかじゃなく素潜り。それでも八重山の海はたくさんの魚たちと出会うことができます。リーフを越えると突然真っ暗になる海の底。無数の魚達。怖くて、でも美しくて息が続く限り深く深く潜ります。ふと海面を見上げると眩しい日差しに水面がユラユラと揺れてそこに色とりどりのおもしろい魚たちが行き交います。それを邪魔にならぬようジッと見つめるひと時。音の無い世界。そんな情景を浴衣に閉じ込めました。風景を再現するために職人さんに何度も染めの色合いを見せて一緒にあれこれ考えていただいて思った以上に素敵に仕上がりました。私が見た『うみのなか』です」


そして!
image

去年新色として、ぼかしの効いた瑞々しい「金魚尾ひれ(白)」
展示会(特に東京)で大好評だったのが本当にうれしかった!
昨年は展示会に参加できなかったため、お客様の直接の反応が見られなかったので、
今年ものすごく新鮮な気持ちで皆さんの試着を眺めていました。

こちら、自分で言うのもあれですが、
「キャーッ♡」と飛びつく「ファースト浴衣」ではないかもしれません。
ポワの浴衣が全部並んでたら、いちばん地味でおとなしい子なので。
でも浴衣が好きな方ならわかると思うのですが、
何枚も身にまとううちにふと「浴衣の原点に返りたくなる」ときってあると思うんです。
浴衣の原点、すっきりとした「白と藍」
そこに涼やかなモチーフの代表である金魚のデザインを尾ひれのみでひとひねり。
_MG_4225

身にまとうとまるで自分自身が金魚鉢の中でひらひら泳いでいるような気分。
背筋がすうっと伸びる気がします。
お祭りや花火大会でたくさんの人が集まっていても、
意外とここまですっきりとした白地の浴衣を着ている女性が少ないような気がします。
男性や年配の女性にもとても褒められるので、
デートやファミリーでのお出かけにもぴったりですよ!

着やすく美しいマイサイズお仕立ては約1カ月かかりますので、
ご注文はちょうど今がベスト!!反物も残り少なくなってきました。
お仕立てできる商品はこちらから
http://poisson-dor.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=746300&csid=1&sort=n

すぐに着られるMサイズ浴衣はこちらです。
http://poisson-dor.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=746300&csid=2&sort=n


そして今年のポワソンドールの一押し商品!
「モダン麻の葉レモンイエロー絽半幅帯」は再生産分ご予約受付中です!
7月頭頃のお届けとなります。
limone2
59742966_o2
本気で押し売りする勢いですが、後悔させません!
これはですね古典とモダンの融合の具合がベストバランスなんですよ(自慢)
このカラーでありながら決して『洋』には転ばないので、想像以上に浴衣の柄を選びません。

こちらも毎年夏前には売り切れてしまってすみません!な、深紅の塗下駄
DSC01695
こちら今年も各サイズ売り切れ間近です。
再入荷は無いのでお早めに!

_MG_8696

こちらのアンティーク復刻トリコロール絽半幅帯は即納品で発売中!

ポワソンドールの商品は大手の呉服屋さんのように
毎年大量に新作が出せるわけではありません。
ですが、ひとつひとつの商品に魂を込めまくっているので、
ロングライフデザインだと自負しています!
毎年新鮮な気持ちで身に付けられる商品を丁寧に販売していきたいと思います。
小さなブランドですが気づけば7年目。
大人だからこそできるファッションとしての注染浴衣を提案し、
みなさまと一緒に楽しめたら嬉しいです!

最後に大阪展示会にいらしてくれたヒメノルミさんのブログに
こんなことばを上げてくださってました。
『ポワソンドールの浴衣は私が昔の浴衣をかわいい!と思って集めてるのと同じように
きっと半世紀たったころでも、かわいい!!ってみんなが思う浴衣だと思います。』

感涙!
そうだったらいいな。私がおばあちゃんになった時、
どこかの娘さんが着てくれてるのを見かけることがあるだろうか。
そんなの見つけたらおばあちゃん、自分の心臓のことも考えず全力疾走しちゃうよ…。
そして「その浴衣は『ぽわそんどうる』というてワシが…フガガ…!」って
入れ歯外れながら変なこと口走るよ…

なんか最後ふざけてしまいましたが、
浴衣って本当に気軽で楽しんで着られる、
最高に楽しい日本の夏の衣服だと思います。
浴衣のない夏なんてもう考えられない。

今年もひと夏楽しみましょうね!!

今年初浴衣は金魚尾ひれ(白)と最近のキモノ考

カテゴリ:
画像1

先日ケーブルテレビJ:COMの収録に「浴衣」のテーマでゲスト出演させていただいた際、
今年初めて浴衣を着ることができました〜。
(すでに放送は終わってます。告知せずすみません…!)

ポワソンドールの金魚尾ひれ白にレモンイエローの麻の葉絽半幅。
この組み合わせ好きだ!というかレモンイエローの帯が思ってた以上になんでも合う!
今年数本作ったのですが、
合わせやすくて大人可愛くて古典でポップで涼しげで両面使えて…
ヤバい!便利すぎる!来年も生産するか検討中です。
作りたいな。超絶オススメです!

キモノを着出すようになってから10年を超えましたが
一度も浴衣を着ないで夏を終えてしまうのはやはり淋しい!
今年はキモノどころか浴衣さえ着る機会なさそう…と思っていたので
ほんの2時間ばかりでしたが着られてうれしかった!
凄くうれしかった!やっぱり和服っていいな。
洋服とは違う時間が流れる。気持ちが潤う。。

ここ数年でまたキモノに対する接し方が変わってきました。
キモノ大好きですし、機会があれば積極的に着ていきたいという気持ちは
たぶんこれからも変わらないと思うのですが、
ライフスタイルが変わってしまったこともあり、
わりと頻繁に自由に着られていた頃とは違う
かかわり方をしていくのだろうなぁと思います。

以前は「キモノ1枚帯3本!数いっぱい欲しい!キモノも小物もいっぱい欲しい!
いろんなコーディネートを楽しみたい!」と思っていました。
今は、着られてもせいぜい季節に1回。
この先10年ぐらいをイメージしてみても、
わりとフォーマルな場面で着るんだろう、と。
頑張って回数着たとしても、月1回ぐらいなんじゃないかと。

12ヶ月各1枚でも12枚のキモノ。
まずは「その月限定・完璧コーディネート!」みたいなのが12セットあれば
充分なのではないかなーとか妄想しながら
少しずつお手入れやサイズ直しに出し始めました。
時間があったら12ヶ月コーディネーを手持ちのものでやってみて
足りないものを足していったり、多すぎるものは厳選したり、
整理して、きちんと把握しておきたいなぁ。

など思っておるわけですが!

浴衣はひょいと着られるし、
夕涼みや気分転換で着るのもよし、自宅で着ててもよし、
日舞再開したらお稽古にも年中着たりできるし、
10枚以上あっても全然いいと思ってます(笑)

キモノよりずっとハードル低いのに、
キモノと同じくらいテンションがあがる!
なんてお得!浴衣お得!!!!!

浴衣大好きです!!

唐突におわります

このページのトップヘ

見出し画像
×