カテゴリ:
6cded5a5.jpg

でっかいバッグを買いました。
Coquetteさんのです。御徒町にSHOPがあります。
可愛すぎない、でもちゃんと可愛い。過剰じゃない、でもちゃんとオシャレ、という
絶妙な女子魂をくすぐる商品があふれております。素敵。
A4が縦に入るでかバッグ。
ちょっとまじめ系なバッグが欲しかったので嬉しい。
エナメルコーディングなのでお手入れも楽。

革製品は、大事にすればきちんと応えてくれるのが素晴らしいですね。
先日3年ぐらいほっぽっていたレザーブルゾン(牛革)が、
乾燥して色もすこし白っぽく退色しちゃってたんですが、
オイルをつけて拭いて…というのを2回繰り返したら、
色もすっかりきれいになり、またしなやかになって復活したのですよ!
素晴らしいなー革。

またその逆もあって、今シーズン買ったばかりのブーツ
(デザインは気に入ったのですが合皮だったので迷った上に妥協)は、
着用2回目ぐらいから擦れたところがめくれて、
あっという間にボロッちくなっちゃいました。悲しい…。
妥協してる時点で、すでに心から気に入ってる買いものじゃない上に、
やっぱりその妥協したポイントのせいで残念な結果に…ううう。
どんな買い物でも妥協はイカンのですね。
時間をかけてもほんとに好きなものだけ買おう。肝に銘じます!

で、革製品、好きです。
特に原付に乗ってた頃はレザーばっかり着ていて、
シャツジャケット、テーラードジャケット、ライダース、ブルゾンと
毎年1枚は買っていました。
レザーアイテムは特に秋と春に活躍するから好き!
「ウールのコートやダウン着るってほどじゃないんだよね…」という時期(今!)とか
2月後半くらいの「まだ春の綿のコートじゃ寒いんだよ…」というときなど。
そして真冬も下にウールなどの温かいものを着れば風を通さないので暖かい。
見た目もすっきりしていて厚着感がない、などなどいいことづくめのレザー。
ただ、合皮だと途端に安っぽくなるので、やっぱり大人女子はラムや子牛が素敵。
合皮はちゃんと保管してても3〜5年で劣化(ひび割れとか)してしまうので、
パッと見レザーではありえないような面白い色とかを遊び着で買った程度で、
やっぱり大事にはしなかったなー。
なので革物のアウターは長い目で見て、いいものを買いたいのであります。

革物と言えば引き続き、ウエスタンブーツの気に入ったもの3年越しで探し中。
卑弥呼から出ていたパープルのウエスタンブーツも女らしくてよかったのですが、
ウエッジソールなのを妥協できるかどうか…と迷っていましたが、
妥協はダメだと気付いたので引き続き探します。
王道のウエスタンが欲しいのです!
去年見たSARTOREのウエスタン(13万…!)はホントにホントに素敵だったのですが、
今年はどこにもみあたらない…。
しかし13万って…!いきなり無い懐から絞り出すにはあまりに辛い金額なので、
「これは!!」と思った時に買えるように、高額買物用貯金とかしておくべきなのか…
伊勢丹友の会に入るべきなのか?!
なんかよくわかんなくなってきたので終了!
安くても高くても妥協しないで気に入ったものを買って、
長く大事にしたいものです。

キモノも最近買ってないので、見に行きたいなー。