カテゴリ:
今日は椅子の座面カバーを作ってました。

ミツエの誕生日(85・・・かな)が近いのですが、プレゼントが思い浮かばない。
老人になるともう何でも持ってるんだよなー・・・。
ショールとか無難だけど、大量に持ってるしなー。
基本的に物持ちいいですよね、老人。
帰省すると以前に私があげたプレゼントでも
コレ要らないからあげようか?」とか言うので、
喜んでもらおうとかそういう感じじゃなく、私があげたいものを勝手にあげることにしました。

それが食卓テーブルの椅子カバーと言うことなのですが、
私自身はそういう『カバー』とかスゴイ嫌いなのですよ・・・!
百歩ゆずって暖かくない便座に便座カバー、までです。(どんな百歩だ)

しかしミツエ・アイズを通すと、食卓の椅子の座面は
「汚れるからカバーをかけねば!」
食卓テーブルは「傷つくからカバーをかけねば!」という思考になるらしく、
帰省するたびとにかくカバー!カバー!されているわけです。
老人はカバーが好きですよね。
ドアノブカバーとか・・・電話の持つところにカバーつけたり・・・。
電話機本体にカバーつけたり・・・。

で、気がつけば食卓テーブルは、
変なレースがビニールコーティングされたものでカバーされていました。
ご丁寧にテーブルの裏で、がっちりガムテープで固定するという念の入れ様。
昨年帰省した際、ミツエがいない隙に思い切り引っぺがして捨ててやりましたが。
ちなみにカバーがなくなったことには全然気づいてませんでした。

で、椅子もいつのまにかカバーされていました。
ミツエお手製の椅子カバーで。
こんな柄・・・。プ、プレイボーイ・・・!
プレイボーイ・・・じゃない!!













かと思いきや、テディボーイ!!
何だコレ!!!

しかしミツエは若い頃、カーテンとかソファカバーなどを作る仕事をしていたので、
一応、形はキッチリ仕上がっており、
「まあ、はがして捨てるほどでもないか・・・。」というものだったので
数年放置されていたのですが、今月帰ったときに見たら
さすがに色あせたりほころびてきたりしていたので
「捨て時だな・・・!」と判断したわけです。

で、パターン自体はキレイなので、テディボーイを一客分だけはがして持って帰ってきて、
それを元に私がつくったのがコレです。ちゃんとゴブラン生地で6客分製作。
間違えないで欲しい柄は私の趣味じゃないんですが、
実家にあるインテリアは微妙にママンの西洋好みが色濃いので、このくらいメルヒェンで丁度いいかも・・・と。
裾にゴムも入れて、よりピシッとはまるように
仕上げたのですが、
コレを直接ミツエに送ったら、
便座の蓋カバーにされかねない・・・!と恐れています。