アーカイブ

November 2007

ジャンボ

カテゴリ:
年末
ちょっと!どーします?!みなさん!(って呼びかけるようなものでは・・・)

なんか、毎年買わなきゃいけないような気がしつつも、いつの間にか発売期間を終えてたりして、実際買ったのは2回ぐらいしかありません。
もちろん300円以上当たったこともないし、その当選金をもらいに行った覚えもないです・・・。

年末ジャンボの思い出といえば、
たぶん7・8年前のお正月に、相方の実家でお正月を迎えていたときのこと。
当時まだ嫁でもなんでもないのに、セール準備で年末年始も札幌に帰れずにいる私も
いつも一緒に元旦を迎えさせてもらっていたのでした。
で、年末ジャンボの当選番号が発表になって新聞に載っているのを相方の家族とワーキャー言いながら自分の買った番号と照らし合わせていたら、何等か忘れたけど義兄が5万円当選していて「うわー!!」「すごいー!!」「やったじゃーん!!」家の中のボルテージが一気に上がったそのときに、義兄がひとこと

「あげる。」

と。
両親に、渡したのです。「おこづかい。」と言って。ちょっと照れ笑いしながら。
一旦断ったり困ったりながらも、ウレシそうに受け取る義母。
この家族、素敵だなあと。なんか、しみじみ思ったことを思い出しました。
義父もウレシそうで、義兄もなんだか満足げで、とてもいいお正月でした。

明日からもう師走です。いよいよ年末だな・・・!
なんか、いつのまにかクリスマス自体がすごい前倒しされてて
11月頭ぐらいからクリスマスツリーが点灯されるのが個人的に納得いかない・・・!
イルミネーションは別にいいんですけど、
ツリーはせめて12月点灯で充分なのではないだろうか・・・。
なんか、やっぱり空気が違う気がするのです。11月と12月では。

カテゴリ:
本日ケーエム縫製さんのブログで製作過程のvol.2が更新されております!
確認事項の電話を頂いた最後に「今日、第二回ですから!」と!
さっそく見に行ったところ・・・

キャー!写真もいっぱい。
キャー!記載もいっぱい。
こんな細かく色々書いてくださってうれしい限りです!!

ほんとに丁寧な作業ぶり・・・
うれしすぎ・・・・!

カテゴリ:
12/3まで、銀座三越8階催事場にて、
友人でもあるジュエリー作家の内藤圭美さんのブランド【和ジュエリーかろん】の展示販売が始まっています。

期間中、私も2日間ほど売り場で販売のお手伝いさせていただくことになりました。
久々にキモノを着るのでちゃんと着られるか心配だ・・・。
ひとつひとつ手をかけて作られた帯留やかんざしなど、
自分へのプレゼントとして欲しくなるものばかりです。
かろんさんのブログにも製作過程など色々上がっていますので是非ご覧下さい。
(ほんとに眼福です)

そして会期は重なりますが、
11.30 (fri) - 12.6(thu)は 青山北川画廊 で個展も開かれています。
ここでは和ものではなくジュエリーを中心に新作なども発表されているようです。
銀座とはしごしてみるのもお勧めです!!私も行きます!!
彼女の作るジュエリーたちは、イタリアのジュエリーブランドから日本人では3人しかその技法での販売を認められていないという技術を用いていたり、ルーペでじっくり眺めたくなるほど細かく美しい彫りが入っていたりと、自分にとって宝物になり、持つことで自分の女としての度数が上がるようなものばかりです。
三十路ともなると本気で一生大事にするジュエリーも欲しくなりますね・・・!

ジュエリーの個展というとなんだか敷居が高いような気もしますが、
彼女の気さくな人柄もあってかいつも大盛況です。
ぜひ足を運んでみてください。

2年か

カテゴリ:
まぶしい
日当たり良好


築33年の古い一軒家。
和室だらけで変な間取りで気に入って住んで丸2年になります。
たぶん色んなところでかわいがられているおなかがタプタプのこのメス猫は
灼熱の真夏の時期は一週間ぐらい平気で来なかったりしましたが、
また寒くなってきたので毎日数回現れます。
いまだに名前はなし。「猫」か「ニャー」と呼んでいます。

さて、契約更新なわけですが、この家&同じ敷地内にある古いアパートのオーナーが
建物の老朽化に伴い2年後を目安に取り壊しを検討中だそうで、
更新は2年限りとなってしまいました。
私たちが住んでるところは元オーナー宅なので、梁も土台もすごくしっかりしてて、
あと30年ぐらい平気そうな家ではあるのですが、
アパートと一緒に壊して更地にして、新しくマンションを建てるのだろうな。。。
すごくさみしい。うう。
こうして日本の木と紙の家はどんどんなくなっていっちゃうのだな。。。
あ、敷金が100%返って来るのと、原状回復しなくていいのは気が楽ですね。
まあ、ゆっくり2年かけて新しい住処を探すとします。
引越し自体は嫌いじゃないのです。ただこの家が好きすぎて・・・

というか・・・猫!この猫と離れるのがさみしすぎる!
2年以内に看取ってやりたい・・・(本末転倒)。

カテゴリ:
ケーエム縫製さんのブログにて、
リピート生産分のライブ中継が始まりました!!
丁寧に納品チェックをしてくださっていることがわかります。

社長が、こちらのブログのコメントに
「出来上がりの画像(できれば途中経過も)楽しみに待ってま〜す」とあったのを
ちゃんとご覧になっていて「じゃあ、ブログで生産過程をライブ中継しましょうか」とご提案いただいたのです!
こちらからお願いしたわけではなく、工場さんからそんな風に提案してくださるのは
「作って納品してハイ終わり!」という仕事の仕方ではないからであり、
【お客さまに届くことまで考えて】のモノづくりをしているからであり、
そこまできちんと共感できる工場さんにお願いできることが本当にうれしいのであります。

なかなか洋服が出来上がる生産の工程など見られることはないですし、
興味のある方も多いと思いますので是非是非ご覧になってみてください!
(他にも名だたる有名デザイナーのものや若手デザイナーのものなどたくさん手がけている楽しいブログです)
本当にたくさんの方たちの手を経ている様子が伝わると思います。

ミズミズ社長!よろしくお願いします!

カテゴリ:
北京で仕入れてきたカシミアの生地は、
いろいろ探してみましたが、やっぱり日本では見つけられませんでした。
というか、日本でカシミアというとやはり高級素材でマダム向けなのか、
黒やキャメルぐらいしか見つけられないのです。
今回のオレンジやブルー、紫なんかは日本だとかなり希少だと思います。
先日パタンナーの子も生地を見に来て「い〜ねえ〜」と誉めておりました。

で、その生地仕入れのこぼれ話。
そんな素敵な生地は、決して素敵な場所にあるわけではないのです。

デザイナーをしているという中国人女子のお勧めで、
北京在住5年の友人と2人で行った生地市場ですが
そのデザイナーの女子から忠告を受けており、彼女曰く
「女ふたりで現金いっぱい持って日本語なんか喋ってたら間違いなくスられるよ」
とのこと・・・!ブルブル・・・!!
ということで財布には頑丈にチェーンをつけ、なるべく中国になじむように
かなりカジュアルダウン(毛玉だらけの汚いニットにジーンズ)+ノーメイク&メガネの
ものすごいブサイク仕様で挑んだわけです。
これが功を奏したのか、スられずに済みました。

現地についてみると、ちょっとない規模の生地市場でして、
はっきり言って1日で見るとか無理!!
ものすごいエネルギーがあふれているというか、
自転車一台の後ろに、四畳半一杯分位ありそうな荷物を引いてるオジサンとか、
トラックとか、台車の上に乗る許容量をはるかに越えた色んな巻物がアッチにもこっちにも・・・!!
生地屋の前なのになぜかカニを売ってたりとか、カオス!カオスです!かなり!!
そしてけっこうダメな生地屋が多い。
悪くないけど、わざわざ中国で買うほどのものではないな・・・という感じの店が大半。
例の店には奇跡的に到達できたという感じです。

「ううう・・・!」となりつつも道端の小龍包(10個ぐらい蒸されたセイロで3元=40円)を食べてみたり、色んな店を覗いてみたりしていて、偶然その店にたどり着いたのです。
ほんとに偶然。

北京の友人(札幌つながりで学生時代の知人。今年の春ごろ東京に出張するということで再会して、「北京行くわ!」となったのです)とはもっぱらメールでやり取りしているわけですが、今日こんなメッセージが。

『あれから知り合いに●●●(マーケットの名前)に行ったって言ったら、
「よくだまされなかったね、、、日本人ふたりで。」といわれたんだよ。
で、「安くもしてもらえたし、サービスもすごいよかった」といったら、
どんな強運なんじゃ?!といわれ、改めてあの店にであえたことを感謝したね。』


だそうです!!
運がいいのか、騙したらかわいそうだと思ったのか・・・
結局、翌日も違う国営の生地屋さんなども見たのですが、
「ちょ・・・やっぱりあの店がいい!!」となってタクシーに飛び込んで
友人にショップカードの電話番号に連絡してもらって
開いてる時間を確認して2日連続で通いましたとさ。

生地はスーツケースに入るものは入れて、あとは郵便局で航空便で配送しました。
そのやり方も絶対にひとりでは絶対にできなかったと思う!!
伝票の書き方もわからず、どこに出せばいいのかもわからず。
全部現地の友人のおかげでできたわけです。
ほんとにほんとに感謝!!

【オマケ】
その友人はバリバリの日本人ですが、現在はフランス系外資に勤めていて、
普段は中国語と英語と日本語で会話しているらしく、
だいぶ日本語が不自由になってて面白かったです。

「え〜〜〜とえ〜〜〜となんだっけ日本語で・・・ケチじゃないこと・・・あ、太っ腹!
だとか
「今日はこれからトラフィックジャムがひどくなるから・・・」と
さりげなく英語交じりだったりとか、
私が何気なくメールに書いた「こんばんみ。」に異様に反応して
「使うわ。 こんばんみ! こんばんみ! こんばんみ!新鮮な響きだわ、、、
とか、いや・・新鮮つうかむしろ・・・!!ということがいちいちオカシイ。

札幌のお母さんがロングカーディガンを買って北京に送ってくれたらしく、
「なにこれ?!こんなに長くていいの?!コートから出ちゃうんだけど、
これでいいの?ほんとに?ほんとにこれでいいの?
これほんとに流行ってんの日本で?!え〜〜!バランスおかしくない?!」と
しばらく鏡の前で悶えたりしてました。
逆にこっちが新鮮でした。

その他の北京のおもいで話はまた今度。

カテゴリ:
今日はお天気に恵まれまして、
色んな生地や資材をさがしに歩き倒した一日でした。
朝から夕方まで青山〜東京〜日暮里〜新宿と移動しつつ歩き倒しました。
(あ、移動は電車です・・・!)
色々といい素材、面白い素材が見つかったのでうれしい!!

途中で猛烈にたこ焼きが食べたくなり、
新宿に向かう途中だったのでケイタイで「新宿・たこ焼き」で検索し、
小田急ハルクの地下2階にあるという情報を手に入れて、すごい勢いで下りて探すも
見つからない・・・。
最近撤退しちゃってたみたい・・・。ううう。
このたこ焼き腹とたこ焼き気分をどうしてくれる・・・!!
新宿には昔、銀だこがあったけど、だいぶ前になくなっていて、
もうたこ焼きチャージが出来る土地じゃなくなってしまいました。
帰る途中に「吉祥寺で下りて食べようかな・・・!」と思ったのですが、
「たこ焼き食べるためだけに降りるって・・・」とIKKOが頭で例のフレーズを放ったのでかろうじて我慢して帰宅。でも明日は食べます。

私にとって【たこ焼き】とは【アンパンマンの新しい顔】ぐらい
体力をフルチャージできる食べ物なのであります。
あの甘辛いたれが好きなので明石焼きにはあまり興味がありません。

普通にあるとうれしいのはえびすだこで、ここではいつも普通に大たこ焼き・ソース・レモンマヨネーズで食べます。
調子のいい日だと外がカリカリで中がトロトロの美味しいやつに当たるのですが、
ふにゃふにゃのときもある。でもタネもソースも味が好きなのでいつも行きます。
私はあの竹串2本では上手に食べることができないので割り箸もらってます。
10キロ入りのたこやき粉が外に積んであるときもあるのですが、
「あ〜〜〜これ売って欲しい・・・」と思うほど好き。自分でも謎。

築地銀だこはソースがちょっと甘いのがなー。
あと10個入りとボリュームがあって、しかも「揚げたこ焼きか・・・!」と思うほど油っこいのでものすごいおなか膨れます。スナックじゃなくて食事、ってかんじです。

このサイトとか夢のよう!
今度大阪に行ったら一日中たこ焼きを食べ歩くのが小さな夢。
ほんと小さい夢だな・・・!また脳内にIKKOが・・・!

肉!

カテゴリ:
554558a5.jpg

義母が旅のお礼にと栃木黒毛和牛のお肉を送ってきてくれた・・・!!

料理があまり得意ではない私にとっては
「さっと焼くだけでものすごく美味しい」というのは、ものすごくありがたいのであります。
昨日さっそくステーキ肉は一枚焼きました。ちゃんとニンニクも買ってきました。
美味しかった!!というか不味くなりようがない!!

塩コショウとニンニクオイルで焼いただけでもおいしいのですが、
以前コメントで教えていただいてから、ときどき覗いているクックパッド
【牛ステーキおろしタマネギソース】というのが美味しそうだったので
真似してソースも作ってみたらそれはそれで美味しかった。

で、すき焼き用のお肉はどうしたらいいのかしら・・・!
すき焼きとして食べるのがベストなのかしら?!
じゃあ、エバ○とかの【すき焼きのたれ】を買ってきたらいいのかしら・・・。
カ、カレーに入れたらバチが当たるかしら・・・!?

さくっと

カテゴリ:
辛い・安い・うまい なにか紅葉がきれいでした









紅葉の下でお義母さんとママン









4人で2泊3日で韓国に行ってきてました。
これは完全にプライベートで、我々夫婦から義母とママへのプレゼント旅行です。
義母は生まれて初めての海外旅行だったので、
初めてパスポートを作ってうれしそうでした。

羽田で集合して、2時間です。近い!!
ママたちが姉妹のようにキャッキャキャッキャと楽しそうで本当に良かった。
ホテルから送迎だけしてくれるガイドさんが
「姑同士で仲がいいなんてめずらしい」としきりに言っていました。

1日目
●到着してすぐ汗蒸幕アカスリエステへGO!
ホテルチェックイン後近くをうろついて適当な店で夕食
●ホテルのラウンジでシャンパン飲んで就寝

2日目
●地下鉄に乗って南大門市場で昼食&お買い物
●仁寺洞のリノベーションカフェでお茶
●ママたちと解散して私は明洞でスキンケアコスメツアー
 (日本語で説明も書いてあるのですが【はちきれた肌に】【楽な肌に】など
  「どんな肌・・・?!」としばし悩みました)
バンブーハウスで焼肉&ワイン(野菜いっぱい)
ウォーカーヒルホテルでカジノ
 (ママがルーレットでいきなり当てたので往復のタクシー代ぐらい分は勝ち)

3日目
●ホテルの朝食ブッフェでしこたま食べる(あわび粥が美味しかった)
昌徳宮観光&散策(ここが紅葉がきれいで良かった)
●お土産やに寄らされる。
一路羽田へ

それぞれまたママンは札幌へ飛行機で・義母は那須へ新幹線で・・・と解散。
フリーツアーだったので好きなように動けてなかなか濃い時間を過ごすことができました。
3日間ともお天気が良くて気持ちよかったです!楽しかった!
またどこか一緒に旅行できたらいいなー。

カテゴリ:
買う買わないは別として、ひとりで本屋に行くのが好きです。
本屋、基本的に人がいっぱいいてもすごい静かですよね・・・。
本屋に行くと「知らないことがこんなにいっぱい!!」と単純にうれしくなります。
最近だと新宿にできたジュンク堂がデカイのでウキウキ度が高いです。

で、これはオモシロそうなので買いました!

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 皇室へのササイなギモン(皇族方は、名刺はお持ちなのですか?/皇居で売っている皇室グッズは、皇族の方も使っているのですか?/皇族の方は、肉がお好きなのですか? ほか)/第2章 皇室へのソボクなギモン(皇居はパワースポットなのですか?/神道は宗教なのですか?/神道と仏教の違いについて教えてください ほか)/第3章 皇室へのマジメなギモン(宮中祭祀とは?/宮内庁の雇用について/女官の存在について ほか)


逆にキオスクにはろくな単行本がないな・・・といつも思うのですが、
これはとくに期待せず買ったにもかかわらず
「ほんとにすっきりわかったわ!」と言う感じでした。
大徳川展を見たあとなので個人的になかなかタイムリーでよかった。
著者の名前がけっこうフェイントをかけていてアイキャッチ度が高そうです。

このページのトップヘ

見出し画像
×